メルセデスCLSに、音にこだわる特別仕様車

2010.05.28 自動車ニュース

メルセデスCLSに、スペシャルオーディオ搭載の特別仕様車

「メルセデス・ベンツCLSクラス」に、スペシャルオーディオ搭載の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2010年5月27日、4ドアサルーン「CLSクラス」に、専用開発のオーディオを搭載した特別仕様車を設定。10台限定で発売した。


メルセデスCLSに、スペシャルオーディオ搭載の特別仕様車

特別仕様車「CLS Sound Suite」は、2009年12月に「CLクラス」にも設定された、こだわりのオーディオを搭載したモデルだ。

「Sound Suite」に採用されるオーディオは、ソニックデザインとのコラボレーションにより「CLS」の車体形状や車室内音響特性を考慮した、専用開発のもの。特別仕様のデジタルプロセッサーアンプと、2スピーカー構成のフロントドア用フルレンジドライバー、リアドア用アディショナルウーファーの、計4ユニット/6スピーカーで構成される。純正オーディオのアナログ音声出力を最小限の劣化で高精度に取り出す独自技術「SonoRevive(ソノリバイブ)」の採用により、最良の音質と理想の音響特性を求めたという。
また、乗車人員、乗車位置に応じて音場と音質を自動で調整。ドアの開閉、車両の後退などに連動して、音量をフェードアウト/インさせるアクティブミューティングも備えている。

「CLS350グランドエディション」「CLS550」「CLS63AMG」いずれのグレードもベースにすることができ、価格はベース車より166万円高い(「CLS350グランドエディション」は205万円)、1115.0万円から1709.0万円。計10台限りの販売となる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
CLSクーペメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(メルセデス・ベンツ) 2017.12.4 画像・写真 メルセデス・ベンツが4ドアクーペの新型「CLS」を世界初公開! LAショーの会場より、燃料電池車の「GLC F-CELL」や “公道を走るF1マシン”こと「メルセデスAMG ONE」などとともに、その詳細な姿を写真でリポートする。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
ホームへ戻る