独アウディ、R8の限定モデルを発表

2010.05.28 自動車ニュース

アウディ、「R8」に333台限定の最上級モデル“GT”を設定

独アウディAGは、本格2シータースポーツ「R8」に、560psの最上級モデル「R8 GT」を設定し、2010年中に生産を開始すると発表した。

■35psパワフルで、100kg軽い

「R8 GT」は、V10エンジン搭載の「R8 5.2 FSIクワトロ」をベースに、さらなるチューニングを施したシリーズ最強モデル。2010年中に生産が開始され、全世界333台限定で販売される予定だ。

ハンガリーのジュール工場において手作業で組み上げられる「R8 GT」のエンジンは、軽量で強靱(きょうじん)なアルミニウムシリコン合金製クランクケースの採用など各部のリファインにより、ベース車を35ps、1.1kgm上回る、最高出力560ps、最大トルク55.1kgmを発生。「ランボルギーニ・ガヤルド LP560-4」に並ぶパワー&トルク値を得た。

車重は、べース車の1625kgから1525kgにダウン。この100kgに及ぶ軽量化は、車両のあらゆる部分を見直し、入念な作業を行った結果、なし遂げられたものだと説明される。

トランスミッションは、シーケンシャルマニュアルトランスミッションの「Rトロニック」が組み合わされる。性能は、0-100km/h加速が3.6秒、最高速度は320km/hにまで達するとうたわれる。

前後ダブルウイッシュボーン式のサスペンションには、ボディを最大で10mm下げられるマニュアル調整機構が備わる。また、フロントとリアのキャンバー角がベース車より大きくとられ、コーナリング時の接地性を高めるセッティングとなっている。

ブレーキには、高い耐久性と耐摩耗性、そして軽量を特徴とするカーボンファイバーセラミックディスクが標準装備される。

なお、アウディジャパンによれば、台数は未定ながら、日本への導入予定もあるという。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
R8アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始 2018.5.24 自動車ニュース BMWジャパンは2018年5月24日、高性能オープンモデル「BMW M4カブリオレ コンペティション」と、限定車「BMW M4カブリオレ30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)」の国内受注を開始した。納車は同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る