独アウディ、R8の限定モデルを発表

2010.05.28 自動車ニュース

アウディ、「R8」に333台限定の最上級モデル“GT”を設定

独アウディAGは、本格2シータースポーツ「R8」に、560psの最上級モデル「R8 GT」を設定し、2010年中に生産を開始すると発表した。

■35psパワフルで、100kg軽い

「R8 GT」は、V10エンジン搭載の「R8 5.2 FSIクワトロ」をベースに、さらなるチューニングを施したシリーズ最強モデル。2010年中に生産が開始され、全世界333台限定で販売される予定だ。

ハンガリーのジュール工場において手作業で組み上げられる「R8 GT」のエンジンは、軽量で強靱(きょうじん)なアルミニウムシリコン合金製クランクケースの採用など各部のリファインにより、ベース車を35ps、1.1kgm上回る、最高出力560ps、最大トルク55.1kgmを発生。「ランボルギーニ・ガヤルド LP560-4」に並ぶパワー&トルク値を得た。

車重は、べース車の1625kgから1525kgにダウン。この100kgに及ぶ軽量化は、車両のあらゆる部分を見直し、入念な作業を行った結果、なし遂げられたものだと説明される。

トランスミッションは、シーケンシャルマニュアルトランスミッションの「Rトロニック」が組み合わされる。性能は、0-100km/h加速が3.6秒、最高速度は320km/hにまで達するとうたわれる。

前後ダブルウイッシュボーン式のサスペンションには、ボディを最大で10mm下げられるマニュアル調整機構が備わる。また、フロントとリアのキャンバー角がベース車より大きくとられ、コーナリング時の接地性を高めるセッティングとなっている。

ブレーキには、高い耐久性と耐摩耗性、そして軽量を特徴とするカーボンファイバーセラミックディスクが標準装備される。

なお、アウディジャパンによれば、台数は未定ながら、日本への導入予定もあるという。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る