【スペック】全長×全幅×全高=4705×1785×1395mm/ホイールベース=2760mm/車重=1790kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400-5000rpm)/価格=898.0万円(テスト車=961.0万円/ラグジュアリーパッケージ=38.0万円/Harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム=10.0万円/コンフォートパッケージ=15.0万円)

メルセデス・ベンツE350カブリオレ(FR/7AT)【試乗記】

ぜいたくを知るクルマ 2010.05.28 試乗記 メルセデス・ベンツE350カブリオレ(FR/7AT)
……961.0万円

メタルトップ全盛の時代に、あえて“幌”で登場したオープン4シーター・メルセデス。走らせているうちに、ソフトトップを選んだワケが見えてきた。


何から何までメルセデス

モータージャーナリストにとって大きな落とし穴が、「なに、メルセデス? 褒めときゃいいだろ」とか思いがちなこと。乗るたびに「さすが!」とうならされるばかりだから仕方ないか。このほど日本で発売された「Eクラス」のカブリオレもそうだ。本体だけで898万円と高価ではあるが、遊びグルマでありながら、まじめなシーンに通用しなくもないから、けっこう真剣に検討する値打ちはある。

今年のデトロイトショーで発表されたこのカブリオレ、顔もテールも現行Eクラスそのものだが、2760mmのホイールベースからもわかるように、プラットフォームそのものは「Cクラス」とほとんど共通。その点では先にデビューしたお姉さん格の「Eクラスクーペ」も同じだ。だから全長も4705mmとセダンやワゴンより短いが、おかげでギュッと引き締まった印象が濃くなった。昔から4シーターのオープンカーを得意とするメルセデスだけに、全体のバランスの取り方も手慣れたものだ。狭そうに見えるリアシートも、フロントを下げすぎなければ普通に座れるし、クローズド状態でも最低限のヘッドルームは確保されている。

走らせてみると、予想通りと言うべきか、何から何までメルセデス。こんなに開口部が大きいのに、がっしり堅固な感触が全身に漂うし、運転操作に対する反応も、例によって余裕たっぷりだ。試しに舗装の荒れたところをオープン状態のまま強行突破しても、どこからもミシリという感触がない。クーペより少し乗り心地が硬く、ワシワシ上下に揺すられることもあるのは、見えない床下などを厳重に補強した副産物かもしれない。とことん剛性を上げれば良いというものではない、ひとつの見本だろう。

セダンやワゴンの「Eクラス」と同じ顔つきだが、ボディサイズはひとまわり小さい。
セダンやワゴンの「Eクラス」と同じ顔つきだが、ボディサイズはひとまわり小さい。
日本導入モデルは、左ハンドルのみ。
日本導入モデルは、左ハンドルのみ。
オープンカーの弱点とされる、ボディの緩さを感じさせないところは、メルセデスの面目躍如。
オープンカーの弱点とされる、ボディの緩さを感じさせないところは、メルセデスの面目躍如。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編) 2017.2.9 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ランボルギーニ ウラカン スパイダー」。「昔のランボは運転するのが怖かった」と告白する谷口。では最新のランボは谷口の手にどんな感触を残したのだろうか。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る