BMW1シリーズがエコ性能にテコ入れ

2010.05.27 自動車ニュース

「BMW1シリーズ」がエコ性能にテコ入れ

BMWジャパンは2010年5月25日、コンパクトモデル「1シリーズ」に各種改良を加え、発売した。

2004年9月にハッチバックが日本で発売されてから、クーペ、カブリオレと、その幅を広げてきた「BMW1シリーズ」。今回、ファミリー全体におよぶマイナーチェンジが実施された。

「116i」「120iカブリオレ」などの直4ユニットは燃料の噴射システムなどを見直し、最大25%の燃費向上(10・15モード値で14.4km/リッター)。「135iクーペ」の直6ターボユニットも、バルブトロニックの採用など各種改良により約15%の数値アップを達成した(同10.2km/リッター)。

またブレーキには、制動力を電力に変換して蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を採用。MT車には、低燃費走行に適したギアポジションを表示するシフトインジケーターが備わるなど、全般的にエココンシャスな改善が図られた。

「120i」の5ドア、クーペ、カブリオレの各モデルと「116i」の5ドアモデルが、燃費性能の向上により、13年超の廃車を伴う購入に際し25万円の「エコカー補助金」が受けられるようになったのもニュース。

いっぽうで、ハイパフォーマンスがウリの「135iクーペ」は、オートマモデルのトランスミッションが、トルコン式6段ATからデュアルクラッチ式の2ペダル7段MT「DCT」に。よりダイレクトで素早い変速が可能になったという。

各モデルの価格は以下のとおり。

・116i(5ドア):299.0万円(6AT)
・120i(5ドア):364.0万円(6AT)
・130i(5ドア):504.0万円(6MT)/515.0万円(6AT)
・120iクーペ:385.0万円(6AT)
・135iクーペ:559.0万円(6MT)/573.0万円(7DCT)
・120iカブリオレ:449.0万円(6AT)

(webCG 関)

関連キーワード:
1シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
ホームへ戻る