BMW3シリーズの燃費性能がアップ

2010.05.27 自動車ニュース

「BMW3シリーズ」の燃費性能がアップ

BMWジャパンは、燃費性能を向上させた「3シリーズ」を、2010年5月24日に発売した。

■燃費は最大45%アップ

今回「3シリーズ」全モデルのパワートレインなどに改良が施され、燃費性能向上が図られた。

減速時のエネルギーを電力に変換し、有効活用する「マイクロハイブリッドテクノロジー」(回生ブレーキ)、必要最小限の燃料供給を行うことで、無駄なエネルギー消費を抑える「圧力制御式燃料ポンプ」、エアコン非作動時にエアコンのコンプレッサーを切り離して無駄なエネルギー消費を抑制する「カップリング付きエアコンコンプレッサー」などが採用された。

このほか「320i(MT車)」と「M3」には、「エンジン オートスタート/ストップ機能」(アイドリングストップ)が追加され、「335i」系と「325i」系のアクティブステアリング装備車と「M3」以外の全モデルでパワステが油圧式から電動式に変更され省エネ化が図られるなど、細かなところにまで改良のメスが入れられた。

2リッター直4搭載の「320iセダン」「320iツーリング」「320iクーペ」には、最大200気圧に加圧された燃料を筒内に直接噴射する高精度ダイレクトインジェクションシステムと、希薄燃焼(リーンバーン)技術を採用。これらにより、たとえば「320iセダン」では、出力&トルクが約10%アップし、最高出力170ps/6700rpm、最大トルク21.4kgm/4250rpmを発生。10・15モード燃費は約45%改善され、MT車が18.4km/リッター、AT車は15.2km/リッターとなった。

3リッター直6NAモデルの「325iセダン」「325iツーリング」「325iツーリング」も同様に、約10%のトルクアップを果たしつつ、最大約35%の燃費向上を実現。
3リッター直6ターボモデルについても約20%の燃費アップを達成したという。

これらの改良により、「320iセダン」や「335iクーペ」など10モデルが、購入時に車齢13年超のクルマの廃車を伴う場合に25万円の補助金が受けられる「新車購入補助制度」の対象となった。

各モデルの10・15モード燃費値と価格は、以下のとおり。


・320iセダン(6MT):18.4km/リッター 434.0万円
・320iセダン(6AT):15.2km/リッター 445.0万円
・325iセダン(6AT):12.6km/リッター 547.0万円
・335iセダン(6AT):10.2km/リッター 686.0万円

・320iツーリング(6AT):13.6km/リッター 465.0万円
・325iツーリング(6AT):11.8km/リッター 567.0万円
・335iツーリング(6AT):9.9km/リッター 706.0万円

・320iクーペ(6MT):17.4km/リッター 468.0万円
・320iクーペ(6AT):15.2km/リッター 479.0万円
・325iクーペ(6AT):12.6km/リッター 598.0万円
・335iクーペ(7DCT):10.6km/リッター 729.0万円

・335iカブリオレ(7DCT):10.6km/リッター 815.0万円

・M3セダン(6MT):9.3km/リッター 981.0万円
・M3セダン(7DCT):9.5km/リッター 1031.0万円
・M3クーペ(6MT):9.3km/リッター 1018.0万円
・M3クーペ(7DCT):9.5km/リッター 1068.0万円


(webCG 曽宮)

「3シリーズカブリオレ」
「3シリーズカブリオレ」
「3シリーズクーペ」
「3シリーズクーペ」
 
BMW3シリーズの燃費性能がアップの画像
 
BMW3シリーズの燃費性能がアップの画像
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】 2012.3.19 試乗記 BMW 523i(FR/8AT)
    ……708万7000円

    仕様変更により、エンジンが2.5リッター直6から2リッター直4ターボに載せ換えられた「523i」。セダンモデルでその走りと燃費性能を試した。
  • BMW 320iスポーツ(FR/6MT)【試乗記】 2012.8.27 試乗記 BMW 320iスポーツ(FR/6MT)
    ……562万8000円

    セダンではすっかり少数派になったMT仕様車が選べる「BMW 320i」。その運転体験は、ATのモデルとどう違う?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る