フィアット、新型「プント エヴォ」を発売

2010.05.27 自動車ニュース

「フィアット・プント エヴォ」発売、エコカー補助金にも対応

フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンは2010年5月26日、新型車「フィアット・プント エヴォ」を6月1日に発売すると発表した。

■アイドリングストップ機構を採用

「プント エヴォ」は、「グランデプント」の派生モデルである。欧州では2009年8月31日にデビュー。その名(エヴォリューション)のとおり、テクノロジーやドライバビリティ、環境性能などの“進化”をアピールする。

新型のフロントバンパーはグランデプントとは違った表情を演出、リアには特徴的なL字型テールランプが与えられた。インテリアではインパネやシート、メーターパネルなどの意匠が「エヴォ」用に改められた。

エンジンは1.4リッター直4SOHC(77ps、11.7kgm)を搭載。ATモード付きのシーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」が組み合わせられるのは、グランデプントと同様だ。今回新たに、日本に導入されるフィアット車としては初だという、アイドリングストップ機構を採用。これにより燃費はグランデプント比で約10%向上し、エコカー補助金の対象車となった。
2ペダルMTデュアロジックのマニュアルモードが、前アップ/後ダウンのシフトパターンから、前ダウン/後アップの配置へと変更されたのもニュース。
サスペンション形式は、前マクファーソンストラット/後トーションビーム式と、グランデプントのそれを引き継ぐ。

発売モデルは2種。標準グレードと、専用シートやスポーツデザインアロイホイール、パドル式スイッチなど装備した上級版「プント エヴォ ダイナミック」をラインナップする。価格は前者が205.0万円、後者が230.0万円。前席サイド/ニーエアバッグを含む7つのエアバッグやESPなどの安全装備は、両グレードともに与えられる。

なお、「グランデプント」はしばらく併売されるが、在庫のみの販売となり、いずれラインナップから落とされる予定だとのこと。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プント エヴォの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
ホームへ戻る