【スペック】全長×全幅×全高=3955×1730×1530mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=239.0万円(テスト車=同じ)

シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)【試乗速報】

見た目も走りも草食系 2010.05.27 試乗記 シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)
……239.0万円


大型化したフロントグリル、新しくなったダブルシェブロン、広大なフロントウィンドウなどを備え、モダンに生まれ変わった新型「C3」に試乗した。

新「C3」の概要

「シトロエンC3」は、昨2009年11月に本国フランスでデビューしたコンパクトカー。いわゆるBセグメントのクルマです。
同じダブルシェブロンのフレンチミニバン「C4ピカソ」のイメージを上手に取り込んだ新型C3のボディサイズは、全長3955mm、全幅1730mm、全高1530mm。先代のC3より、ちょっぴり長く(+105mm)、太く(+60mm)、けれども低く(−10mm)なりました。ホイールベースはわずかに長い2465mm(+5mm)。国産車でいうと「マツダ・デミオ」といい勝負ですね。ピカソ似の姿からは意外なことに(?)「プジョー207」より小ぶりです。

車体の大きさから不利になりがちな衝突安全性にも配慮がなされ、衝撃を吸収しにくいサイドからの衝突に備えてBピラーには超々高張力鋼板、サイドシルには超高張力鋼板、キャビンをケージ状に守るように高張力鋼板など、鋼板が使いわけられます。
前席ダブル&サイドエアバックとカーテンエアバックを標準で装備。後席の3人すべてに3点式シートベルトがつくのは、当たり前かもしれないけれど、良心的。乱れた挙動をただすESPは、残念ながら上級版の「エクスクルーシブ」にしか用意されません。

2010年5月6日から日本でも販売が始まったC3は、ベーシックな「C3」と上級版「C3 エクスクルーシブ」で構成されます。この日試乗したのは、アルカンタラ/ファブリック内装のエクスクルーシブ。コンビネーションシートがなかなか素敵です。
運転席に座ると、インストゥルメントパネルまわりの質感がよくなったのが印象的。センターコンソールのエアコン関係のボタンもわかりやすいし、ハンドルの向こうのスピードメーターも大きくて見やすい(10km/hから20km/h刻みで数字が振られるのに違和感ありますが)。向かって左に回転計、右に燃料計を配した3連メーターを上から覆うバイザーにはスリットが設けられ、ナセルの向こうに光を感じられるのがシトロエン流です。ただ、グローブボックスのふたを留めるラッチの位置が悪くて、左端がほんのすこし浮いているように見えるのが、うるさ型のユーザーには気になるかもしれません。

新型C3は、フロントグリルモールをはじめ、ドアハンドルやサイドウィンドウモール、ドアミラーフットなどにクロームが採用される。
新型C3は、フロントグリルモールをはじめ、ドアハンドルやサイドウィンドウモール、ドアミラーフットなどにクロームが採用される。
試乗した上級版「C3 エクスクルーシブ」のダッシュボードはチタンシルバー。(写真)いっぽう「C3」はマットシルバーとなる。
試乗した上級版「C3 エクスクルーシブ」のダッシュボードはチタンシルバー。(写真)いっぽう「C3」はマットシルバーとなる。
アーチ状のフローティングサンバイザーに覆われた3連メーターは、スピードメーターとタコメーターのアナログメーターふたつと、トリップメーター、燃料計、オイルインジケーターなどを表示する、デジタルメーターからなる。
アーチ状のフローティングサンバイザーに覆われた3連メーターは、スピードメーターとタコメーターのアナログメーターふたつと、トリップメーター、燃料計、オイルインジケーターなどを表示する、デジタルメーターからなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • 個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売 2016.10.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定となる。個性的なデザインが特徴で、欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
ホームへ戻る