BMW3シリーズクーペ/カブリオレがマイナーチェンジ

2010.05.26 自動車ニュース

「BMW3シリーズクーペ/カブリオレ」がマイナーチェンジ

BMWジャパンは2010年5月24日、「3シリーズクーペ」と「3シリーズカブリオレ」をマイナーチェンジし、発売した。

■追い越し車線で効く顔(?)に

今回のマイナーチェンジのポイントは、燃費向上と意匠変更。ブレーキエネルギー回生システムの搭載や、エンジン構造の見直しなどによって燃費効率が高められ、燃費が向上した。意匠については、フロントマスクを構成するキドニーグリルやバンパーなどがより立体感のあるデザインとされ、ヘッドライトにアクセントライン(眉)が追加された。さらに、リアとサイドの意匠も見直され、より「鋭く」「軽快」で「印象的」なデザインになったとアピールされる。また、ブレーキライトやターンライトにLEDライトを採用。スタイリッシュさと省電力化の両立が図られた。

■ラインナップも変更

今回のマイナーチェンジを機に、「3シリーズクーペ」に3リッター直6NAエンジンと6段ATを組み合わせた「325iクーペ」を新たに追加。「320iクーペ」には右ハンドルMTモデルを設定した。そして、従来設定があった「320iクーペ」左ハンドルのMTモデルがラインナップから落とされた。

価格は、「320iクーペ」のMTモデルが468.0万円、ATモデルは従来車より6.0万円高の479.0万円。「325iクーペ」は598.0万円。「335iクーペ」は16.0万円高の729.0万円となった。「335iカブリオレ」は13.0万円高の815.0万円。

(文=滝本智志)


「BMW3シリーズクーペ」

	「BMW3シリーズクーペ」

「BMW3シリーズカブリオレ」

	「BMW3シリーズカブリオレ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
ホームへ戻る