トヨタ・プレミオ/アリオン、一部改良で燃費向上

2010.05.25 自動車ニュース
「プレミオ 1.5F」
トヨタ・プレミオ/アリオン、一部改良で燃費向上

「トヨタ・プレミオ/アリオン」、一部改良で燃費向上

トヨタ自動車は、4ドアセダン「プレミオ」ならびに「アリオン」の1.5リッター車を一部改良し、2010年6月1日に発売する。

「アリオン A15」
トヨタ・プレミオ/アリオン、一部改良で燃費向上

今回の改良では、「プレミオ/アリオン」1.5リッター車(FF/CVT)の、エンジンとトランスミッションの制御見直しを実施。これにより、燃費(10・15モード)は従来より1.4km/リッターアップの20.0km/リッターを実現し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税と重量税が75%(従来型は50%)減税される。

価格は、「プレミオ 1.5F」が170.0万円、「プレミオ 1.5F Lパッケージ」は181.0万円。「アリオン A15」が169.0万円、「アリオン A15 Gパッケージ」は180.0万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • スバル、新型「XV」の先行予約を開始 2017.3.8 自動車ニュース 富士重工業は2017年3月8日、今春発表予定の新型「スバルXV」の先行予約を3月9日に開始すると発表した。2リッターに加え1.6リッターも設定するほか、歩行者保護エアバッグと先進運転支援システムEyeSight(ver.3)を全車に装備する。
ホームへ戻る