VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費に

2010.05.24 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ポロ」が新エンジン採用で、さらに低燃費に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年5月24日、コンパクトカー「ポロ」に新開発の1.2リッターTSIエンジンを採用し、6月4日に発売すると発表した。

■20.0km/リッターの好燃費

現行モデルの5代目「ポロ」は、日本市場では2009年10月に発表。1.4リッター自然吸気エンジン搭載の「1.4コンフォートライン」のみのモノグレードで発売された。

今回、新エンジンとして採用されたのは、1.2リッターの直噴ターボ「TSI」ユニット。これは「ゴルフTSIトレンドライン」に搭載されるものと同型で、最高出力105psと最大トルク17.8kgmを発生する。この数値は、前述の1.4リッターエンジンを20psと4.4kgm上まわるパフォーマンスだ。
組み合わされるトランスミッションは、7段のDSG。注目の燃費(10・15モード)は20.0km/リッターを記録、フォルクスワーゲン車として過去最高とアピールされる。

なお1.2リッターモデルの登場に伴い、1.4コンフォートラインは在庫限りで販売終了。カタログラインナップから落とされることになった。

1.2リッター「ポロ」のグレードは2種。ベーシックグレードとなる「TSIコンフォートライン」は、従来の1.4コンフォートラインとほぼ同等の装備内容。今回追加となる上級グレード「TSIハイライン」は、15インチアルミホイールやフロントフォグランプ、フルオートエアコン、スポーツシート、革巻きステアリングホイール、パークディスタンスコントロール(リア)などを標準装備する。

価格は「ポロTSIコンフォートライン」が213.0万円、「ポロTSIハイライン」が242.0万円。いずれもエコカー減税(75%)およびエコカー補助金の対象モデルとなる。

(webCG 本諏訪)

「ポロTSIハイライン」
「ポロTSIハイライン」

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • 第28回:ボルボXC40と恐るべきジーリーの野望 ボルボオシャレ革命! ウラにはあの国の特大マネーが!? 2017.10.31 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ まさにボルボのオシャレ革命! 新しい小型SUV「XC40」のお披露目の場に選ばれたのはファッションウイーク開催中のミラノだった。しかも車内のいたるところに日本車もビックリな気配りが……。小沢コージがリポート!
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース