VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費に

2010.05.24 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ポロ」が新エンジン採用で、さらに低燃費に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年5月24日、コンパクトカー「ポロ」に新開発の1.2リッターTSIエンジンを採用し、6月4日に発売すると発表した。

■20.0km/リッターの好燃費

現行モデルの5代目「ポロ」は、日本市場では2009年10月に発表。1.4リッター自然吸気エンジン搭載の「1.4コンフォートライン」のみのモノグレードで発売された。

今回、新エンジンとして採用されたのは、1.2リッターの直噴ターボ「TSI」ユニット。これは「ゴルフTSIトレンドライン」に搭載されるものと同型で、最高出力105psと最大トルク17.8kgmを発生する。この数値は、前述の1.4リッターエンジンを20psと4.4kgm上まわるパフォーマンスだ。
組み合わされるトランスミッションは、7段のDSG。注目の燃費(10・15モード)は20.0km/リッターを記録、フォルクスワーゲン車として過去最高とアピールされる。

なお1.2リッターモデルの登場に伴い、1.4コンフォートラインは在庫限りで販売終了。カタログラインナップから落とされることになった。

1.2リッター「ポロ」のグレードは2種。ベーシックグレードとなる「TSIコンフォートライン」は、従来の1.4コンフォートラインとほぼ同等の装備内容。今回追加となる上級グレード「TSIハイライン」は、15インチアルミホイールやフロントフォグランプ、フルオートエアコン、スポーツシート、革巻きステアリングホイール、パークディスタンスコントロール(リア)などを標準装備する。

価格は「ポロTSIコンフォートライン」が213.0万円、「ポロTSIハイライン」が242.0万円。いずれもエコカー減税(75%)およびエコカー補助金の対象モデルとなる。

(webCG 本諏訪)

「ポロTSIハイライン」
「ポロTSIハイライン」

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】 2010.6.4 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
    ……273.0万円

    5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る