VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費に

2010.05.24 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ポロ」が新エンジン採用で、さらに低燃費に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年5月24日、コンパクトカー「ポロ」に新開発の1.2リッターTSIエンジンを採用し、6月4日に発売すると発表した。

■20.0km/リッターの好燃費

現行モデルの5代目「ポロ」は、日本市場では2009年10月に発表。1.4リッター自然吸気エンジン搭載の「1.4コンフォートライン」のみのモノグレードで発売された。

今回、新エンジンとして採用されたのは、1.2リッターの直噴ターボ「TSI」ユニット。これは「ゴルフTSIトレンドライン」に搭載されるものと同型で、最高出力105psと最大トルク17.8kgmを発生する。この数値は、前述の1.4リッターエンジンを20psと4.4kgm上まわるパフォーマンスだ。
組み合わされるトランスミッションは、7段のDSG。注目の燃費(10・15モード)は20.0km/リッターを記録、フォルクスワーゲン車として過去最高とアピールされる。

なお1.2リッターモデルの登場に伴い、1.4コンフォートラインは在庫限りで販売終了。カタログラインナップから落とされることになった。

1.2リッター「ポロ」のグレードは2種。ベーシックグレードとなる「TSIコンフォートライン」は、従来の1.4コンフォートラインとほぼ同等の装備内容。今回追加となる上級グレード「TSIハイライン」は、15インチアルミホイールやフロントフォグランプ、フルオートエアコン、スポーツシート、革巻きステアリングホイール、パークディスタンスコントロール(リア)などを標準装備する。

価格は「ポロTSIコンフォートライン」が213.0万円、「ポロTSIハイライン」が242.0万円。いずれもエコカー減税(75%)およびエコカー補助金の対象モデルとなる。

(webCG 本諏訪)

「ポロTSIハイライン」
「ポロTSIハイライン」

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る