VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費に

2010.05.24 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ポロ」が新エンジン採用で、さらに低燃費に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年5月24日、コンパクトカー「ポロ」に新開発の1.2リッターTSIエンジンを採用し、6月4日に発売すると発表した。

■20.0km/リッターの好燃費

現行モデルの5代目「ポロ」は、日本市場では2009年10月に発表。1.4リッター自然吸気エンジン搭載の「1.4コンフォートライン」のみのモノグレードで発売された。

今回、新エンジンとして採用されたのは、1.2リッターの直噴ターボ「TSI」ユニット。これは「ゴルフTSIトレンドライン」に搭載されるものと同型で、最高出力105psと最大トルク17.8kgmを発生する。この数値は、前述の1.4リッターエンジンを20psと4.4kgm上まわるパフォーマンスだ。
組み合わされるトランスミッションは、7段のDSG。注目の燃費(10・15モード)は20.0km/リッターを記録、フォルクスワーゲン車として過去最高とアピールされる。

なお1.2リッターモデルの登場に伴い、1.4コンフォートラインは在庫限りで販売終了。カタログラインナップから落とされることになった。

1.2リッター「ポロ」のグレードは2種。ベーシックグレードとなる「TSIコンフォートライン」は、従来の1.4コンフォートラインとほぼ同等の装備内容。今回追加となる上級グレード「TSIハイライン」は、15インチアルミホイールやフロントフォグランプ、フルオートエアコン、スポーツシート、革巻きステアリングホイール、パークディスタンスコントロール(リア)などを標準装備する。

価格は「ポロTSIコンフォートライン」が213.0万円、「ポロTSIハイライン」が242.0万円。いずれもエコカー減税(75%)およびエコカー補助金の対象モデルとなる。

(webCG 本諏訪)

「ポロTSIハイライン」
「ポロTSIハイライン」

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。
1.2リッター直4SOHCの「TSI」ユニット。

VWポロが新エンジン採用で、さらに低燃費にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る