【スペック】全長×全幅×全高=4815×1945×1390mm/ホイールベース=2745mm/車重=2240kg/駆動方式=4WD/6リッター W12DOHC48バルブターボ(630ps/6000rpm、81.6kgm/1700-5600rpm)/価格=3150.0万円(テスト車=同じ ※一部日本仕様と異なる装備あり)

ベントレー・コンチネンタル スーパースポーツ(4WD/6AT)【試乗記】

日本に一番合っている 2010.05.24 試乗記 ベントレー・コンチネンタル スーパースポーツ(4WD/6AT)
……3150.0万円

630psの強心臓をもつ新型ベントレー、「スーパースポーツ」が日本上陸! その走りと乗り心地をリポートする。

胸騒ぎの新人

ホームで電車を待っている時なんかにボーッとしていると、「週末のBIGで1等6億円が当たったらどのクルマを買おうか」てな妄想が始まっていることがある。ハッと気付いて、われながらアホかと思う。「程度のいい『ランチア・ストラトス』を探して……」とか、「普段のアシは『シトロエンC6』にしようか、『ジャガーXJ』にしようか」などなど、かなり真剣に考えているからタチが悪い。

“妄想艦隊”の組み合わせは無限にあって、ゴージャスなのも1台いったれ、と思う日もある。けれど、この“グループG”は超激戦区。今ならそうだなぁ、「アストンのV12ヴァンテージ」と「フェラーリ・カリフォルニア」の2台が予選リーグを勝ち抜いて決勝トーナメント進出というところか。なんのヒネリもないチョイスですが。そしてこの“グループG”で、「ベントレー・コンチネンタルGT」が勝ち点をあげることはなかった。いつも3連敗で予選リーグ敗退。

ところがどっこい、「ベントレー・コンチネンタル スーパースポーツ」の登場で“グループG”が盛り上がりそうだ。駅のホームで、“妄想艦隊”の編成に頭を悩ませなきゃならない。「コンチネンタル スーパースポーツ」は、見かけこそ「コンチネンタルGT」やそのパワーアップ版たる「コンチネンタルGTスピード」と大差ないけれど、中身はまったくの別モノという印象を受けたのだ。

「コンチネンタル スーパースポーツ」は、いままで「コンチネンタルGT」シリーズの最高性能版だった「コンチネンタルGTスピード」と何が違うのか? 簡単に説明すれば、「エンジン出力アップ」「軽量化」「シャシーセッティングの変更」という、ハイパフォーマンス化の三種の神器が与えられている。エンジン出力は「コンチネンタルGTスピード」の610psから630psへ。後席シートを外して2人乗りにすることなどにより、車重は110kg軽くなって2240kgになっている。そして、足まわりを強化するにとどまらず、フルタイム四駆システムの前後トルク配分も50:50から40:60へと変更されている。で、「630」というナンバープレートの数字がほほ笑ましいスーパースポーツに乗り込んだ瞬間、オオッと思う。

インテリアの様子。革とカーボンが組み合わされ、ゴージャスでレーシーという独特の雰囲気に仕上がっている。
インテリアの様子。革とカーボンが組み合わされ、ゴージャスでレーシーという独特の雰囲気に仕上がっている。
センターコンソールには、機械式腕時計で名高い、ブライトリング社の時計が鎮座する。
センターコンソールには、機械式腕時計で名高い、ブライトリング社の時計が鎮座する。
後席シートは取り外されているが、69万1500円のオプションとして“復活”させることもできる。
後席シートは取り外されているが、69万1500円のオプションとして“復活”させることもできる。
カーボンセラミックブレーキは抜群。よく止まるだけでなくカッチリとしたペダルのタッチも良好だ。なお、タイヤサイズは275/35ZR20で、銘柄はピレリPゼロだった。
カーボンセラミックブレーキは抜群。よく止まるだけでなくカッチリとしたペダルのタッチも良好だ。なお、タイヤサイズは275/35ZR20で、銘柄はピレリPゼロだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る