日産、新型車ジュークを6月に発売

2010.05.20 自動車ニュース

日産、新型車「ジューク」を6月に発売

日産自動車は、コンパクトクロスオーバー「JUKE(ジューク)」を、2010年6月に発売することをホームページ上などで明らかにし、日本仕様車の画像を公開した。

■直噴ターボ+新開発4WDシステムに注目

「ジューク」は、「ムラーノ」「キャシュカイ」に続く、日産クロスオーバーシリーズの末弟に位置づけられるコンパクトモデルだ。ボディの上半分をスポーツカーのようにスタイリッシュに、下半分をSUVのようにたくましくしたスタイリングは、兄貴分から受け継ぐ特徴。さらにヘッドライトをボンネットまで回り込ませたデザインは、「リーフ」にも通じる意匠で、日産のアイデンティティを表現したものとなっている。

ジュークは、北米では3月のニューヨークモーターショーで実車が公開され、搭載するメカニズムの概要もすでに明らかになっている。そのなかで注目したい技術は、上級モデルに搭載される1.6リッター直噴ターボエンジンと、トルクベクトル付きのオールモード4×4-iシステムだ。

1.6リッター直噴ターボエンジンは、最高出力180psを超えるというハイテクユニット。新開発の直噴システムやターボチャージャーが採用され、高出力化とともに低燃費化が追求されている。北米仕様は、この1.6リッター直噴ターボに、6段MTまたはCVTが組み合わされる。一方、欧州仕様では、1.6リッターガソリンのほか、1.5リッターディーゼルが採用されるなど、エンジンバリエーションは仕向地により異なる。ちなみに日本仕様と北米仕様は追浜工場で、欧州仕様は英国のサンダーランド工場で生産される。

オールモード4×4-iシステムに備わる「トルクベクトル」機構とは、左右輪の駆動力配分システムのこと。FFベースのオンデマンド型4WDシステムを採用するジュークの場合、前後100:0〜50:50までのトルク配分のほか、後輪の左右方向に対しても、50:0〜0:50の範囲内でトルク配分を行う。なお、これらのトルク配分は、各センサーがホイールの回転スピード、ステアリングアングル、アクセル開度、ヨーレートなどをモニタリングし、4WDコントローラーが適切なトルク配分を演算。アンダーステアやオーバーステアを防ぎ、回頭性を高めるシステムとなっている。

一方、インテリアも、ルックス同様、個性的なデザインとなる。センターコンソールは、シフトレバー周辺がバイクのタンクのように盛り上がったデザインとなっており、楽しい雰囲気が演出されている。センタークラスターには車両情報を表示するディスプレイが設けられ、ここでは空調や燃費といった車両・走行情報を表示するほか、ドライブモードを「ノーマル」「スポーツ」「エコ」の3種類に切り替えることができる。シーンにあわせて走りを楽しめるというのがそのセリングポイントだ。

「日産ジューク」公式サイト:
http://www2.nissan.co.jp/JUKE/NEW/

(webCG 曽宮)

「日産ジューク」
(写真はすべて北米仕様車)
「日産ジューク」(写真はすべて北米仕様車)

日産、新型車ジュークを6月に発売の画像

日産、新型車ジュークを6月に発売の画像

日産、新型車ジュークを6月に発売の画像

日産、新型車ジュークを6月に発売の画像
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る