【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)/価格=257.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT) 2010.05.20 試乗記 ……257.0万円
総合評価……★★★★★

フォルクスワーゲンの大黒柱「ゴルフ」に加わった、エコなエントリーグレード「TSIトレンドライン」。1.2リッターエンジンは走りにどう影響を与えるのか?

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

十分どころか活発だ

2009年のデビュー以来、空白となっていた「ゴルフ」のエントリーグレードの座が、ようやく埋められることとなった。新登場の「ゴルフTSIトレンドライン」が搭載するのは、新開発の1.2リッター直噴ターボユニットと7段DSGを組み合わせた最新のパワートレイン。直噴+過給器の組み合わせでダウンサイジングを実現するフォルクスワーゲンのTSIラインナップは、これで一応の完成ということになる。
いくらTSIといえどもゴルフに1.2リッターエンジンでは……。そんな不安があったとしても、走り出した瞬間に一掃されるだろう。その動力性能は単に十分という域を超えて、積極的に活発という表現を使えるものだと言える。浮かんできたのは、まったく別の不安。これでは他のゴルフが売れなくなってしまうのでは? という思いだ。
燃費も期待通り。今回は確認のため、それこそ下のギアで頻繁にトップエンドまで回してみたりと色々な走り方を試したし、撮影の 都合もあったので決して燃費走行はしていない。それなのに結果は、10・15モードのカタログ値であるリッターあたり17.0kmを軽く上回った。燃費狙いで走らせれば、間違いなくもっと上を狙えるだろう。
アイドリングストップすら備わらないガソリンエンジンで、これだけの燃費を稼ぎ出すTSI+DSG技術は、まさにコンセプトの勝利。将来、このエンジンをベースにハイブリッド化がなされたら? そう考えると末恐ろしくすら思えてくる。ポイントは、特別ななにかではなく量販モデルのエントリーグレードで、これだけの燃費を実現していることである。
車両価格は257.0万円。TSIコンフォートラインとの差は21.0万円と、大きくはないが小さくもない。エコカー減税&補助金をフルに活用できることまで考えれば、日本のハイブリッドカー「プリウス」や「SAI」、あるいは「シビックハイブリッド」などを検討している人にとってもインパクトのある価格と言えるだろう。そんな人には「ぜひ一度、ゴルフTSIトレンドラインを試してからの決断を」と強く勧めたい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る