スバル・レガシィ一部改良、進化版「EyeSight」搭載

2010.05.19 自動車ニュース
 
進化版「EyeSight」搭載、「レガシィ」が一部改良

「スバル・レガシィ」一部改良、進化版「EyeSight」搭載

富士重工業は2010年5月18日、「スバル・レガシィ」に一部改良を施し、発売した。今回の目玉は、進化型「EyeSight」の投入だ。

写真は、「EyeSight」搭載車に備わるステレオカメラ。フロントウィンドウ上端にあるふたつのカメラで前方の状況を認識する。
写真は、「EyeSight」搭載車に備わるステレオカメラ。フロントウィンドウ上端にあるふたつのカメラで前方の状況を認識する。
プリクラッシュブレーキのテスト風景。対象物との速度差が30km/h以下であれば、衝突を回避できる。
プリクラッシュブレーキのテスト風景。対象物との速度差が30km/h以下であれば、衝突を回避できる。
今回の一部改良では、外観は変更なし。ツーリングワゴンとアウトバックの「2.5i Lパッケージ」と「2.5i EyeSight」が“エコカー減税75%”に適合するなど、エコカー減税対象車が拡大した。
今回の一部改良では、外観は変更なし。ツーリングワゴンとアウトバックの「2.5i Lパッケージ」と「2.5i EyeSight」が“エコカー減税75%”に適合するなど、エコカー減税対象車が拡大した。

■強化されたプリクラッシュ機能

2009年5月に登場した現行「レガシィ」が、一部改良を受けた。今回の改良では、スバルが長年開発を行ってきた予防安全技術「EyeSight(アイサイト)」の機能アップが図られ、事故防止に役立つ自動ブレーキ機能“プリクラッシュブレーキ”の機能が強化されたほか、クルーズコントロールの制御を洗練させるなどのファインチューンも行われた。

進化版プリクラッシュブレーキは、ステレオカメラでとらえた前方の映像をもとに、衝突の危険があると判断される場合、クルマが完全に停止するまで自動ブレーキを作動させ、衝突を回避または被害の低減を図るというもの。対象物との速度が30km/h以下であれば危険を回避でき、30km/h以上の速度であっても、自動ブレーキは作動するため、事故被害の軽減に貢献する。

また、このドライバー支援装置には、ドライバー自身が危険回避操作を行った場合にも、その操作を手助けする“プリクラッシュブレーキアシスト”機能も含まれる。これは、緊急ブレーキを必要とする場面で、制動力の立ち上がりを早め、ブレーキを踏む力が弱い場合でも、力強くブレーキングしたのと同等の効果が得られるようにするもの。

“全車速追従機能付きクルーズコントロール”の機能アップも図られた。これは、渋滞でストップ&ゴーが繰り返される状況で、アクセルとブレーキの操作をドライバーに代わって行う機能。今回のマイナーチェンジでは、より自然な制御が追求されると同時に、自動ブレーキが従来よりも強めにかかる(従来の最大−0.25Gから−0.4Gまで強化)ようになり、使い勝手が向上した。

このほか「EyeSight」には、シフトの入れ間違い、ペダルの踏み間違いによって起こる事故の防止を目指した「AT誤発進抑制制御」や、車間距離警報、車線逸脱警報、ふらつき警報なども搭載される。

なお、機能アップした「EyeSight」は、実質10万円程度の価格に抑えられ、設定車種も拡大するなど、より身近な存在となった。たとえば、2.5リッターNAの「2.5i EyeSight」の場合、「B4」は274万500円、「ツーリングワゴン」は289万8000円、「アウトバック」は310万8000円に設定される。

「Sパッケージ」には、専用フロントグリル、フロントバンパーなどが採用される。
「Sパッケージ」には、専用フロントグリル、フロントバンパーなどが採用される。
特別仕様車「B4 2.5i S-sytle」。
特別仕様車「B4 2.5i S-sytle」。

■装備が充実、特別仕様車も登場

一部改良では、全車にクルーズコントロールが標準装備されたほか、B4、ツーリングワゴン、アウトバックの各グレードに設定される「Lパッケージ」と「Sパッケージ」の装備の充実が図られた。「Lパッケージ」には、17インチアルミホイール、オートライト&オートワイパー、ヘッドランプウォッシャーが、「Sパッケージ」には左右独立温度調整機能付きフルオートエアコン、助手席パワーシートなどが追加された。

また今回、「B4」と「ツーリングワゴン」に、特別仕様車「2.5i S-style」が設定された。これはエントリーグレード「2.5i」をベースに、専用16インチアルミホイール、HIDロービームランプ、本革巻きステアリングホイール、マフラーカッターなどを装備したもの。価格は「B4」は6万3000円高、「ツーリングワゴン」は7万3500円高に設定された。

レガシィシリーズの価格は、「B4」が220万5000円から332万8500円。「ツーリングワゴン」は236万2500円から348万6000円。「アウトバック」は267万7500円から372万7500円。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る