スズキ・エブリイワゴンが燃費向上 デザインの小変更も

2010.05.19 自動車ニュース

「スズキ・エブリイワゴン」が燃費向上 デザインの小変更も

スズキは、軽乗用車「エブリイワゴン」に燃費性能を向上させるなどの小変更を施し、2010年5月18日に発売した。

今回、ターボチャージャーに変更が施され、中低速域のトルクが増大。発進停止する機会の多い街なかで、より走りやすくなったという。10・15モードの燃費値も、エンジンの圧縮比が上げられたことで、0.2km/リッター改善された。

装備充実の上位グレード「PZターボ」「PZターボ スペシャル」については、シート表皮のほか、前後バンパー、サイドアンダースポイラーのデザインが変更され、ホワイトレンズのサイドターンランプや、クリアレンズのリアコンビランプが採用されるなど、内外装にも手が入れられた。

価格は、「JPターボ」(標準ルーフ)の134万4000円から「PZターボ スペシャル」(ハイルーフ)の169万500円まで。

(webCG 関)

「スズキ・エブリイワゴン PZターボ スペシャル」
「スズキ・エブリイワゴン PZターボ スペシャル」 拡大

関連キーワード:
エブリイワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
  • スズキSV650X ABS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.24 試乗記 合言葉は「The Timeless V-Twin Roadsport」。スズキから、ちょっと懐かしいスタイリングのニューモデル「SV650X」が登場。Vツインの軽快なネイキッドモデル「SV650」をカフェレーサースタイルに仕上げた一台の出来栄えを試す。
ホームへ戻る