スズキ・エブリイワゴンが燃費向上 デザインの小変更も

2010.05.19 自動車ニュース

「スズキ・エブリイワゴン」が燃費向上 デザインの小変更も

スズキは、軽乗用車「エブリイワゴン」に燃費性能を向上させるなどの小変更を施し、2010年5月18日に発売した。

今回、ターボチャージャーに変更が施され、中低速域のトルクが増大。発進停止する機会の多い街なかで、より走りやすくなったという。10・15モードの燃費値も、エンジンの圧縮比が上げられたことで、0.2km/リッター改善された。

装備充実の上位グレード「PZターボ」「PZターボ スペシャル」については、シート表皮のほか、前後バンパー、サイドアンダースポイラーのデザインが変更され、ホワイトレンズのサイドターンランプや、クリアレンズのリアコンビランプが採用されるなど、内外装にも手が入れられた。

価格は、「JPターボ」(標準ルーフ)の134万4000円から「PZターボ スペシャル」(ハイルーフ)の169万500円まで。

(webCG 関)

「スズキ・エブリイワゴン PZターボ スペシャル」
「スズキ・エブリイワゴン PZターボ スペシャル」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エブリイワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る