スバル・エクシーガ、ターボ車がエコカー減税適合

2010.05.18 自動車ニュース

「スバル・エクシーガ」ターボ車がエコカー減税適合

富士重工業は2010年5月18日、7人乗りの「エクシーガ」に改良を施し、発売した。

改良の対象になったのは、エクシーガのターボモデル「2.0GT」「2.0GT EyeSight」「2.0GTブラックレザーセレクション」。エンジン制御やトランスミッション制御に手を加えることで、10・15モード燃費を12.0km/リッターから12.2km/リッターに引き上げた。
これにより「平成22年燃費基準+15%レベル」「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成。エコカー減税(50%)の対象車になった。

価格は285万6000円から326万250円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・エクシーガ2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2012.8.29 試乗記 スバル・エクシーガ2.5i EyeSight(4WD/CVT)
    ……298万7250円

    「エクシーガ」がマイナーチェンジを受けた。安全装備を充実させ、「レガシィ」で採用された新2.5リッターエンジンを搭載。スバルの7人乗りミニバンの走りやいかに?
  • スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【試乗記】 2009.11.12 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)
    ……303万4500円

    「レガシィ」の血を引く、スバルの7シーターモデル「エクシーガ」が小変更を受けた。新開発のCVTを搭載する、2リッターNAモデルの走りを試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る