【語ってくれた人】松井時男(まつい ときお)さん/1987年入社。四輪エンジン設計部に所属し、92年から96年までアメリカンスズキテクニカルセンターに駐在。2009年7月から現職。

スズキ・ワゴンR【開発者インタビュー】

サービス精神の人 2012.10.05 試乗記 <開発者インタビュー>
松井時男さん
スズキ株式会社
第一カーラインチーフエンジニア

リッター28.8kmという低燃費を達成した5代目「ワゴンR」。開発者にその進化について聞いた。

会長からも指示された!

もしかすると、今日本で一番眠りの浅い人かもしれないと思っていた。スズキの稼ぎ頭「ワゴンR」のチーフエンジニアということは、会社の命運を左右する立場にあるわけだ。しかも、新車発表会で会長兼社長の鈴木修氏が“軽市場の首位奪還”に言及したのだからたまらない。眠れぬ夜を過ごし、さぞややつれているのかと思ったら、松井さんは顔色もよく、元気そうだ。自信の表れなのだろうか。

――初代から2代目ならやることも多かったでしょうが、5代目ともなると伸びしろがあまりないから大変ですよね。
寸法はもういっぱいですね。モデルチェンジにはテーマがあって、4代目の時は質感の向上でした。それを受け継ぎながら、今回は燃費と環境性能を上げることに力を入れました。会長からも、2年以上前に「これからは燃費だ!」と指示されましたから。

――前回までは5年ごとのチェンジでしたが、今回は4年のインターバルでした。どうやって1年早めたのでしょう。
最初から4年と決まっていました。本当は前回も4年のはずだったんですが、「パレット」の開発が割り込んだせいで1年遅れたんです。開発の途中で1年早めるなんて、不可能ですよ(苦笑)。

確かに。冷静に考えればその通りなのだが、「スズキvsダイハツ」という構図に落としこみたくなるので勘ぐってしまうのだ。ダイハツが「ミラ イース」でリッター30.0kmの燃費をアピールしてくると、スズキは30.2kmの「アルト エコ」で巻き返す。競争が激しくなるのは、この市場が急拡大しているからである。今年8月の軽自動車販売実績は前年同月比30.9%増で、小型乗用車のシェアに迫る勢いだ。

5代目の「ワゴンR」は低燃費が開発のテーマ。全車にアイドリングストップ機構が標準装備された。
5代目の「ワゴンR」は低燃費が開発のテーマ。全車にアイドリングストップ機構が標準装備された。
メーターパネル内には運転終了後、エコドライブ度を採点した「エコスコア」が表示される。
メーターパネル内には運転終了後、エコドライブ度を採点した「エコスコア」が表示される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る