ホンダ・フィットに2つの特別仕様車

2010.05.18 自動車ニュース
「ホンダ・フィット 1.3G シーズ(She's)」
「ホンダ・フィット」に、2つの特別仕様車

「ホンダ・フィット」に、2つの特別仕様車

本田技研工業はコンパクトカー「フィット」に、特別仕様車「シーズ(She's)」と「スポーティ エディション」を設定し、2010年5月17日に発売した。

これらの特別仕様車は、「フィット」のベーシックグレード「1.3G」をベースに、専用アイテムや人気のオプション装備を付与したお買い得モデル。

専用インテリアがウリの「シーズ(She's)」は、ブラック基調の内装に、ピンク色のアクセントが効いた女性向けのモデル。
前席シートや本革巻ステアリングホイールにピンクのステッチが施されるほか、エアコンアウトレットリングやセレクトレバーエスカッションリングにもピンク塗装を採用。メーターリングやインストゥルメントパネルなどは、ウォームブラウンメタリック塗装とされ、スタイリッシュなインテリアにまとめられた。

装備面では、シーズ専用のHondaスマートキーシステムや、助手席のバニティミラー付サンバイザー、IR/UVカット機能付のフロントウィンドウなど、女性がうれしいアイテムも備わる。
さらに、ウインカー付き電動格納式リモコンカラードドアミラーや、UVカット機能付きプライバシーガラスなどがセットになった「Fパッケージ」やETC車載機も特別装備される。

ボディカラーは、ピンクゴールドメタリック、プレミアムホワイトパール、クリスタルブラックパールの3色を用意。
価格は、ベース車比16万3000高で、FF車(CVT)が136万円、4WD車(5AT)は153万5600円。

「ホンダ・フィット 1.3G スポーティ エディション」
「ホンダ・フィット 1.3G スポーティ エディション」

ホンダ・フィットに2つの特別仕様車の画像

ホンダ・フィットに2つの特別仕様車の画像

一方「スポーティ エディション」は、15インチアルミホイールや、テールゲートスポイラーなどのスポーティーなアイテムを装備したほか、ディスチャージヘッドランプ、スウェード調ファブリックシート、本革巻ステアリングホイールなどが備わる。
「シーズ」同様に「Fパッケージ」も標準装備される。

ボディカラーは、ストームシルバーメタリック、プレミアムホワイトパール、ディーザサファイアブルーパールの3色を用意。
価格は、ベース車比19万3000円高で、FF車(CVT)が139万円、4WD車(5AT)は156万5600円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
フィットホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る