【スペック】全長×全幅×全高=4900×1855×1500mm/ホイールベース=2875mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(211ps/3400rpm、55.1kgm/1600-2400rpm)/価格=833.0万円(テスト車=934.0万円)

メルセデス・ベンツE350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【ブリーフテスト】

メルセデス・ベンツE350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT) 2010.05.18 試乗記 ……934.0万円
総合評価……★★★★

メルセデスのラインナップに加わった「ブルーテック」を名乗るディーゼルモデル。ディーゼルゆえの、気になる部分はあるのか? そして、気になる燃費は?

守りの堅い“鉄壁モデル”

ディーゼル車……と耳にして、いまだ「うるさく、遅く、振動が大きい」とイメージを持つ人は、日本では決して少なくないように思う。なんとなれば、かつてこの国に存在したディーゼル乗用車には、「まさにそのとおり」と前言を肯定しなければならない代物が少なくなかったからだ。軽油に対する課税額の低さをベースに、ガソリン車よりも燃料代が少ない事だけを生命線と考えたかつての日本のディーゼル乗用車は、たしかに動力性能にも快適性にも見るべきところのないモデルが多かった。加えて、排ガスがダーティとの説明が重なれば、その人気が衰退するのも自明であったわけだ。
一方で、だからこそそうしたイメージを抱いたままの人が、ひとたび触れてみれば仰天するに違いないというのが、この「メルセデス・ベンツE350ブルーテック ステーションワゴン」の実力だ。日常シーンでの加速の力強さは多くのガソリン車に後塵(こうじん)を浴びせるほどだし、ごく低いエンジン回転数でこなしてしまうクルージング時の静粛性も、今やガソリン車に全く遜色(そんしょく)のないもの。そんなパワーパックを、徹底してファンクショナルなパッケージングを持つボディと組み合わせたこのモデルは、だからある意味、世界のステーションワゴンの中にあっても“鉄壁モデル”の最右翼、と言えるものかもしれない。

 
メルセデス・ベンツE350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【ブリーフテスト】の画像
 
メルセデス・ベンツE350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る