「ホンダ・フリード」に、ブラック内装の特別仕様車

2010.05.17 自動車ニュース
「ホンダ・フリード」に、ブラック内装の特別仕様車

「ホンダ・フリード」に、ブラック内装の特別仕様車

本田技研工業は2010年5月17日、コンパクトミニバン「フリード」に特別仕様車を設定。同日販売を開始した。


「ホンダ・フリード」に、ブラック内装の特別仕様車

特別仕様車「ハイウェイエディション」は、3列シートの「G」「Gエアロ」がベース。親水/ヒーテッドドアミラーと熱線入りフロントウィンドウ、フロントドア撥水ガラスをセットにした「コンフォートビューパッケージ」に加え、ETC車載器を特別装備。さらに、専用のブラック内装が採用され、ディスチャージヘッドライトやドアイージークローザー(リア両側)、パワースライドドア(リア左側)などの快適装備をセットにした「ジャストセレクション装備」も与えられる。

価格は「Gハイウェイエディション」が182.4万円から203.1万円、「Gエアロ ハイウェイエディション」が202.9万円から223.6万円。ボディカラーは全5色が用意される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フリードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る