第142回:パリは萌えているか! 魅惑の、路上「売りたし」車ウォッチング

2010.05.15 エッセイ

第142回:パリは萌えているか!魅惑の、路上「売りたし」車ウォッチング

貼り紙に注目

パリの街でボクが楽しみにしていることのひとつに、路上に駐車しているクルマのウォッチングがある。1987年に初めてその地を訪れたとき、まだ「ルノーR4」がたくさん生息していたのはもちろん、モンマルトルの裏通りを曲がると突然「シトロエンDS」がたたずんでいたりして、それはそれはシビれたものだ。といっても、今がつまらなくなったわけではない。
最近めっきり見る機会が少なくなった「シトロエンBX」や「ルノー25」あたりを発見すると、足元に犬の落し物があるのも気が付かず、不審者と思われるくらいグルグルと眺めてしまう。

路上駐車されたクルマには、さらに楽しみがある。「売りたし」と貼り紙された車両が多いことだ。
こちらでは、日本の「ガリバー」のような買い取りサービスがあまり普及していないから、古いクルマを売りたい場合は基本的にディーラーに下取りに出す。
ただし下取りだと、こちらの自動車雑誌の巻末によく載っている残存価格目安表より1500〜5000ユーロ(18〜60万円)も安くなってしまう。そうしたことから多くのユーザーが試みるのは、地元新聞の売買情報欄で告知をしたり、知り合いの商店のレジ脇などに「車売ります」と書いた紙を貼らせてもらうことだ。

しかし大都市になると、適当な地元新聞もなければ、懇意の商店がない人もたくさんいる。そこで、クルマそのものに携帯電話番号など連絡先を書いた「A VENDRE(売り)」の紙を貼って路上駐車しておくのである。
クルマを買うほうも、ディーラーの中古車だとかかる19.6%という高額な付加価値税を払わなくてすむというメリットがあるのだ。

【写真1a】今見ても上品な「プジョー505」。
【写真1a】今見ても上品な「プジョー505」。
【写真1b】表示価格は2500ユーロだが、「交渉可」とも。
【写真1b】表示価格は2500ユーロだが、「交渉可」とも。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。