クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3915×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1140kg/駆動方式=FF/1.5リッター直列4気筒SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.7kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=196万円(テスト車=226万2500円/Hondaインターナビ+リンクアップフリー=25万円/Hondaスマートキーシステム=5万2500円)

ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)【試乗記】

欲張りは禁物 2012.10.02 試乗記 ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)
……226万2500円

ハイブリッドカーは効率を追求した乗り物。CVTではなく、あえてマニュアルトランスミッションという“非効率的”な手段を選ぶ意義とは?

小型車へ注力するホンダ

2012年上半期の販売台数トップ30(自販連調べ)に食い込むホンダ車は、2位(13万3345台)の「フィット」と4位(7万629台)の「フリード」、それに9位の「ステップワゴン」の3車種。トヨタは14車種ランクインする。それだけにホンダにとってフィットは稼ぎ頭もいいところ。なかったらゾッとするはずだ。

だから大事に扱われ、ラインナップも非常に充実している。1.3リッターあり1.5リッターあり、そのどちらにもハイブリッドがあり、CVTありATあり5MTあり6MTあり、FFあり4WDあり……。全部で18の仕様が存在する。さらに、ワゴンの「フィットシャトル」とそのハイブリッドもある。センタータンクレイアウトのプラットフォームはまるで打ち出の小づち。ま、名車「シビック」を飲み込んでしまったのだから、これくらい売れてしかるべきか。

フィットの2世代連続の成功によって、ホンダはもともと得意だった小さなクルマ造りに対する自信を取り戻したか、今年、軽自動車の「N BOX」をヒットさせた。将来予定されるその派生モデルにも期待が寄せられている。さらに社長が「ビートの後継車をやるぞ!」とぶちあげるなど、小型車への注力が著しい。このまま選択と集中によって小型車専門メーカーとして歩んでも面白いと思うのだが、日本の何倍もの台数を造って売るアメホン様がそんなことは許してくれなさそうだ。

話を戻そう。今年5月、屋台骨フィットに追加された「ハイブリッドRS」は、パワートレインに上級車種の「インサイト」や「CR-Z」が積む1.5リッターエンジン+モーターを採用したトップ・オブ・フィットだ。ハイブリッド大国ニッポンにあって、唯一ホンダだけが取り組むハイブリッドとMTの組み合わせを試した。

「ハイブリッドRS」にはオレンジステッチ入りの本革巻きステアリングホイールが装着される。
「ハイブリッドRS」にはオレンジステッチ入りの本革巻きステアリングホイールが装着される。 拡大
「SPORT」「NORMAL」「ECON」という三つの走行モードが選択可能。
「SPORT」「NORMAL」「ECON」という三つの走行モードが選択可能。 拡大
シートはファブリック(こちらもオレンジステッチ入り)のほか、オプションとしてレザーも用意される。
シートはファブリック(こちらもオレンジステッチ入り)のほか、オプションとしてレザーも用意される。 拡大
注目の記事PR
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
注目の記事一覧へ

MTで乗る意味とは?

ハイブリッドRSは普通のハイブリッドよりも200cc排気量の大きい1.5リッターエンジンを積む。最高出力114ps(1.3リッターに比べ26ps増し)/6000rpm、最大トルク14.7kgm(同2.4kgm増し)/4800rpmを生み出し、14psと8.0kgmのモーターが必要に応じて加勢する。モーターのスペックは1.3リッターのハイブリッドと同じ。プラス200ccの余裕をはっきりと体感できるわけではないが、全域にわたって少しずつ力強い。重いバッテリーを積むため、燃費はMTで20.0km/リッターと、ハイブリッドにしては大したことなく、非ハイブリッドのノーマルグレード(CVT)に及んでいないのはいかがなものか。

ハイブリッド車をMTで操ることにどれほどの意味があるのか――。試乗前には懐疑的に思っていた。「乗ってみてそれは間違いだとわかった」と書きたいところだが、試乗後もその気持ちを完全に拭い去ることはできなかった。MTの真骨頂は、エンジンの回転数をおいしいゾーンにとどめておくために、ギアの選択と変速のタイミングをドライバーがコントロールすることにあるが、エンジンとギアボックスの間に、ドライバーが完全にはコントロールできないモーターが挟まると、ギアの選択と変速のタイミングにあまり意味がなくなる。

極端な話、何回転で何速に入っていようと、アクセルペダルを踏めば、モーターアシストで走れてしまうのだ。せっかく細やかな変速を繰り返しても自分が上手なのかクルマが賢いのかわからない。失敗させてくれないと成功の喜びも感じさせてもらえないというもの。MTはCVTよりも燃費が悪く、エコカー減税率が下がってしまう点も、わざわざMTで乗る意味を薄めてしまっている。

効率の高さこそが魅力のハイブリッドを選ぶなら、素直にCVTで乗ったほうが“らしい”のではないだろうか。まぁ世の中には何が何でもMTという人もいるので、選択肢としては理解できるが。

パワートレインは1.5リッターi-VTECエンジンにIMAの組み合わせ。JC08モード燃費は20.0km/リッター。
パワートレインは1.5リッターi-VTECエンジンにIMAの組み合わせ。JC08モード燃費は20.0km/リッター。 拡大
6MTのギア比は、ファイナルを含めて「CR-Z」の6MTと同じ。
6MTのギア比は、ファイナルを含めて「CR-Z」の6MTと同じ。 拡大
タイヤサイズは185/55R16。テスト車はダンロップSPスポーツ2030を装着していた。
タイヤサイズは185/55R16。テスト車はダンロップSPスポーツ2030を装着していた。 拡大

魅力的なのだが……

ハイブリッドRSは、文字通り「ハイブリッド」とスポーティーな「RS」というふたつの特徴を合わせたモデルで、多くの専用装備を誇る。フロントグリルにスモールランプと連動して点灯するLEDランプが埋め込まれ、リアコンビランプがクリアレンズとなるのがハイブリッドの専用装備。アグレッシブな形状の前後バンパー、リアスポイラーなどがRSの専用装備だ。つまり、ハイブリッドRSはフィット全部載せ。その分、価格はラインナップ中最もお高く、6MTもCVTも196万円。ハイブリッドは全車横滑り防止装置が標準装備なので、ぜひともオプションで装着したいのはサイド&カーテンエアバッグくらいだが、付けると200万円超えのクルマとなる。

ただし、ハイブリッドだろうとRSだろうと、このクルマはフィットだ。外観からは想像できないほどの室内空間と収納スペースは健在。床下に駆動用バッテリーを搭載するため、ラゲッジルームはノーマルの422リッターよりも78リッター少ない344リッターとなるが、十分。2001年、初代フィットが登場した際、こんなに小さなクルマなのにこんなに室内が広いのか! と驚いたものだが、現行型もその長所を受け継いでいる。このクルマに乗るたび、かつてホンダが標榜(ひょうぼう)した「メカ・ミニマム、マン・マキシマム」を思い出す。「メカ」と「マン」、どっちが先立ったか忘れたけど。

シートアレンジも多彩だが、本当に便利なのはリアシート座面を起こすトールモード。こうすると天地に1280mmの空間ができるので、例えば子供用の自転車なら立てて積むことができる。思い切りドアを開けられる場所じゃないとつらいだろうが。もちろん、リアハッチを開けてリアシートを倒せば、もっと大きなスペースが生まれるのだが、シートバックを倒すのは意外に面倒だし、横にしたくない荷物も結構あるものだ。

ハイブリッドは素晴らしいし、RSも元気があってまぁ魅力的だ。そしてユーティリティーに優れる点は本当にホンダらしい。だが、欲張って1台に全部載せてしまうと、途端にどこのクルマか、何がしたいクルマかわからなくなってしまう。ハイブリッドを選ぶなら1.3リッターのCVTで効率を追求すべきだし、RSを選ぶなら非ハイブリッドのほうが純粋ではないだろうか。

(文=塩見智/写真=高橋信宏)

「ハイブリッドRS」のフロントグリルには、LEDのアクセサリーランプが内蔵される。
「ハイブリッドRS」のフロントグリルには、LEDのアクセサリーランプが内蔵される。 拡大
居住性の高さが「フィット」の美点。それは「ハイブリッドRS」でも変わらない。
居住性の高さが「フィット」の美点。それは「ハイブリッドRS」でも変わらない。 拡大
荷室は標準型より78リッター少ない344リッター。しかしそれで十分だ。
荷室は標準型より78リッター少ない344リッター。しかしそれで十分だ。 拡大
試乗を通じての燃費は14.3km/リッターだった。ただし今回は走行距離が短く、200kmに満たなかったので、参考値とさせてほしい。
試乗を通じての燃費は14.3km/リッターだった。ただし今回は走行距離が短く、200kmに満たなかったので、参考値とさせてほしい。 拡大

関連キーワード:
フィットホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事