【スペック】全長×全幅×全高=3915×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1140kg/駆動方式=FF/1.5リッター直列4気筒SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.7kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=196万円(テスト車=226万2500円/Hondaインターナビ+リンクアップフリー=25万円/Hondaスマートキーシステム=5万2500円)

ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)【試乗記】

欲張りは禁物 2012.10.02 試乗記 ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)
……226万2500円

ハイブリッドカーは効率を追求した乗り物。CVTではなく、あえてマニュアルトランスミッションという“非効率的”な手段を選ぶ意義とは?

小型車へ注力するホンダ

2012年上半期の販売台数トップ30(自販連調べ)に食い込むホンダ車は、2位(13万3345台)の「フィット」と4位(7万629台)の「フリード」、それに9位の「ステップワゴン」の3車種。トヨタは14車種ランクインする。それだけにホンダにとってフィットは稼ぎ頭もいいところ。なかったらゾッとするはずだ。

だから大事に扱われ、ラインナップも非常に充実している。1.3リッターあり1.5リッターあり、そのどちらにもハイブリッドがあり、CVTありATあり5MTあり6MTあり、FFあり4WDあり……。全部で18の仕様が存在する。さらに、ワゴンの「フィットシャトル」とそのハイブリッドもある。センタータンクレイアウトのプラットフォームはまるで打ち出の小づち。ま、名車「シビック」を飲み込んでしまったのだから、これくらい売れてしかるべきか。

フィットの2世代連続の成功によって、ホンダはもともと得意だった小さなクルマ造りに対する自信を取り戻したか、今年、軽自動車の「N BOX」をヒットさせた。将来予定されるその派生モデルにも期待が寄せられている。さらに社長が「ビートの後継車をやるぞ!」とぶちあげるなど、小型車への注力が著しい。このまま選択と集中によって小型車専門メーカーとして歩んでも面白いと思うのだが、日本の何倍もの台数を造って売るアメホン様がそんなことは許してくれなさそうだ。

話を戻そう。今年5月、屋台骨フィットに追加された「ハイブリッドRS」は、パワートレインに上級車種の「インサイト」や「CR-Z」が積む1.5リッターエンジン+モーターを採用したトップ・オブ・フィットだ。ハイブリッド大国ニッポンにあって、唯一ホンダだけが取り組むハイブリッドとMTの組み合わせを試した。

「ハイブリッドRS」にはオレンジステッチ入りの本革巻きステアリングホイールが装着される。
「ハイブリッドRS」にはオレンジステッチ入りの本革巻きステアリングホイールが装着される。
「SPORT」「NORMAL」「ECON」という三つの走行モードが選択可能。
「SPORT」「NORMAL」「ECON」という三つの走行モードが選択可能。
シートはファブリック(こちらもオレンジステッチ入り)のほか、オプションとしてレザーも用意される。
シートはファブリック(こちらもオレンジステッチ入り)のほか、オプションとしてレザーも用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フィット 13G・Fパッケージ(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.14 試乗記 発売以来のセールス好調が伝えられる、3代目「ホンダ・フィット」。クルマとしての実力はどれほどのものなのか? ベーシックなガソリン車で確かめた。
  • ホンダ・フィットハイブリッド Sパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2013.11.18 試乗記 好調なセールスが伝えられる、新型「ホンダ・フィットハイブリッド」。その走りは、どれほどのものなのか? スポーティーグレード「Sパッケージ」で試した。
  • ホンダ・フィット(後編) 2013.9.5 画像・写真 6年ぶりにフルモデルチェンジ。新型「ホンダ・フィット」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る