「スズキ・スイフトPHV」が型式指定取得

2010.05.14 自動車ニュース

「スズキ・スイフト プラグインハイブリッド」が型式指定取得

スズキは2010年5月13日、開発を進めてきた「スイフト プラグインハイブリッド」が、5月12日に国土交通省の型式指定を取得したことを発表した。

2009年10月の東京モーターショーでお披露目された「スイフト プラグインハイブリッド」が、国土交通省の型式指定を取得した。これにより同モデルは、一般の市販車と同様にナンバープレートの交付を受けられるようになった。

スイフト プラグインハイブリッドのパワーユニットは、電気自動車の動力システムをベースに、発電用エンジンを組みあわせたもの。最高出力55kW(75ps)、最大トルク17.4kgmのモーターと三洋電機から供給を受ける電池容量2.66kWhのリチウムイオン電池、軽自動車用のものをベースとした660ccエンジン(K6A)を搭載する。

バッテリーの電力で約15kmの走行が可能で、バッテリー残量が少なくなるとエンジンで発電しながら走行する。充電に要する時間は、家庭用の100V電源の場合で約1.5時間、200V電源では約1時間。燃費は、ハイブリッド走行時(エンジン起動)で25.6km/リッター、外部充電によるEV走行を含む複合燃費は、37.6km/リッター(共にJC08モード)と公表される。

スズキは、今秋からスイフト プラグインハイブリッドを全国のスズキ販売店に出荷し、実証実験を通じて各地域の交通事情に沿った走行データやサービス技術などの情報を収集していく。一般向けの販売開始は数年後か。

(webCG 曽宮)

「スズキ・スイフト プラグインハイブリッド」。
「スズキ・スイフト プラグインハイブリッド」。 拡大

「スズキ・スイフトPHV」が型式指定取得の画像 拡大
電力のみでのEV走行可能距離は約15km。それ以降は、エンジンで発電し、モーターで駆動する。
電力のみでのEV走行可能距離は約15km。それ以降は、エンジンで発電し、モーターで駆動する。 拡大

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • 第82回:無段変速車ボクメツ宣言 2018.3.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第82回は「無段変速車ボクメツ宣言」。日本の国民車がダサイのにはワケがあった!? 「スイフトスポーツ」を国民車に! と熱望する筆者が、CVT車ばかりの日本のベストセラーモデルに異議を唱える。
ホームへ戻る