【スペック】全長×全幅×全高=4470×1800×1575mm/ホイールベース=2760mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2リッター直列4気筒DOHC16バルブ(150ps/6400rpm、20.4kgm/3600rpm)/価格=363万円(テスト車=438万1000円/バーミリオンレッドメタリック=7万5000円/メディアンクロスインテリア=2万1000円/iDriveナビゲーションパッケージ=31万5000円/X Lineエクステリア+ルーフレール=8万7000円/ファインカッティングアルミトリム=5万円/電動パノラマガラスサンルーフ=20万3000円)

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗速報】

未来の主役 2010.05.14 試乗記 BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)
……438万1000円

セダン「3シリーズ」をベースにしたBMWの新型SUV「X1」に“駆け抜ける歓び”はあるのか? 2リッター直4を積むエントリーモデルでその実力を確かめた。

「そば屋のカレー」にあらず

きゅーんとコーナーに飛び込む時のクルマとの一体感、まずまず広くて使い勝手のいい後席と荷室――
4月下旬から日本での注文受付が始まった「BMW X1」に試乗しながら、「これはノート型パソコンかもしれん」と思う。なんて、いきなりそんなことを書いても意味不明なので、少し説明させてください。
生まれて初めてパソコンを買った15年前はPCといえばデスクトップで、ノート型を使っていたのは一部の好事家だけだったと記憶している。ところが今、JEITA(電子情報技術産業協会)の統計によればパソコンの国内出荷の7割をノート型が占めるという。つまり、ノート型が“フツーの存在”になっている。

で、同じことがBMWの身にも起こるのではないかと思うわけです。ビーエムといえば枕ことばのように「スポーティセダン」という言葉がついて回った。個人的にもセダンがBMWの本筋で、車高の高いSUV系は、そば屋のカレーみたいな立ち位置だと思ってきた。「一応、こっちもあります」というか。
でも「X1」に乗っていると、それが間違った認識だったと思えてくる。ノート型パソコンがデスクトップを追い越したように、「X1」はセダンに代わって主軸になるかも。そう予感させるほど「X1」の完成度は高かった。

乗り込む前に「BMW X1」の概要にふれると、名前こそ「X1」だけれどベースとなるプラットフォーム(基本となる車台)は「1シリーズ」ではなく「3シリーズ」。2760mmのホイールベースと前後のサスペンション形式も、「3シリーズ」のセダン/ツーリングワゴンと同じだ。
サイズ的には兄貴にあたる「X3」よりひと回り小さく、長さと幅はライバルとなる「フォルクスワーゲン・ティグアン」とほとんど一緒。ただし、車高は「X1」のほうが「ティグアン」より145mmも低い。真横から見るプロポーションも、オフロード走行を視野に入れたSUVというより、少し背の高いツーリングワゴンだ。

2009年9月のフランクフルトショーでお披露目された「X1」が早くもニッポン上陸。フロントのエアインテーク下でシルバーに光るアンダー・ガードが「Xシリーズ」らしさだとBMWはうたうけれど、個人的にはにぎやかにすぎると思った。ボンネットフード上のエンブレムからV字に伸びるラインは、3シリーズのマイチェン時に施されたのと同じお化粧。
2009年9月のフランクフルトショーでお披露目された「X1」が早くもニッポン上陸。フロントのエアインテーク下でシルバーに光るアンダー・ガードが「Xシリーズ」らしさだとBMWはうたうけれど、個人的にはにぎやかにすぎると思った。ボンネットフード上のエンブレムからV字に伸びるラインは、3シリーズのマイチェン時に施されたのと同じお化粧。
リアビューでも、シルバーのアンダー・ガードが存在感を発揮。彫りの深いボディサイドのショルダーラインといい、兄貴分のX3よりアグレッシブな印象を与える。ルーフレールはオプション装備。全高は、タワーパーキングという日本的事情も考慮して決められたとか。
リアビューでも、シルバーのアンダー・ガードが存在感を発揮。彫りの深いボディサイドのショルダーラインといい、兄貴分のX3よりアグレッシブな印象を与える。ルーフレールはオプション装備。全高は、タワーパーキングという日本的事情も考慮して決められたとか。
BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る