【スペック】全長×全幅×全高=4470×1800×1575mm/ホイールベース=2760mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2リッター直列4気筒DOHC16バルブ(150ps/6400rpm、20.4kgm/3600rpm)/価格=363万円(テスト車=438万1000円/バーミリオンレッドメタリック=7万5000円/メディアンクロスインテリア=2万1000円/iDriveナビゲーションパッケージ=31万5000円/X Lineエクステリア+ルーフレール=8万7000円/ファインカッティングアルミトリム=5万円/電動パノラマガラスサンルーフ=20万3000円)

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗速報】

未来の主役 2010.05.14 試乗記 BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)
……438万1000円

セダン「3シリーズ」をベースにしたBMWの新型SUV「X1」に“駆け抜ける歓び”はあるのか? 2リッター直4を積むエントリーモデルでその実力を確かめた。

「そば屋のカレー」にあらず

きゅーんとコーナーに飛び込む時のクルマとの一体感、まずまず広くて使い勝手のいい後席と荷室――
4月下旬から日本での注文受付が始まった「BMW X1」に試乗しながら、「これはノート型パソコンかもしれん」と思う。なんて、いきなりそんなことを書いても意味不明なので、少し説明させてください。
生まれて初めてパソコンを買った15年前はPCといえばデスクトップで、ノート型を使っていたのは一部の好事家だけだったと記憶している。ところが今、JEITA(電子情報技術産業協会)の統計によればパソコンの国内出荷の7割をノート型が占めるという。つまり、ノート型が“フツーの存在”になっている。

で、同じことがBMWの身にも起こるのではないかと思うわけです。ビーエムといえば枕ことばのように「スポーティセダン」という言葉がついて回った。個人的にもセダンがBMWの本筋で、車高の高いSUV系は、そば屋のカレーみたいな立ち位置だと思ってきた。「一応、こっちもあります」というか。
でも「X1」に乗っていると、それが間違った認識だったと思えてくる。ノート型パソコンがデスクトップを追い越したように、「X1」はセダンに代わって主軸になるかも。そう予感させるほど「X1」の完成度は高かった。

乗り込む前に「BMW X1」の概要にふれると、名前こそ「X1」だけれどベースとなるプラットフォーム(基本となる車台)は「1シリーズ」ではなく「3シリーズ」。2760mmのホイールベースと前後のサスペンション形式も、「3シリーズ」のセダン/ツーリングワゴンと同じだ。
サイズ的には兄貴にあたる「X3」よりひと回り小さく、長さと幅はライバルとなる「フォルクスワーゲン・ティグアン」とほとんど一緒。ただし、車高は「X1」のほうが「ティグアン」より145mmも低い。真横から見るプロポーションも、オフロード走行を視野に入れたSUVというより、少し背の高いツーリングワゴンだ。

2009年9月のフランクフルトショーでお披露目された「X1」が早くもニッポン上陸。フロントのエアインテーク下でシルバーに光るアンダー・ガードが「Xシリーズ」らしさだとBMWはうたうけれど、個人的にはにぎやかにすぎると思った。ボンネットフード上のエンブレムからV字に伸びるラインは、3シリーズのマイチェン時に施されたのと同じお化粧。
2009年9月のフランクフルトショーでお披露目された「X1」が早くもニッポン上陸。フロントのエアインテーク下でシルバーに光るアンダー・ガードが「Xシリーズ」らしさだとBMWはうたうけれど、個人的にはにぎやかにすぎると思った。ボンネットフード上のエンブレムからV字に伸びるラインは、3シリーズのマイチェン時に施されたのと同じお化粧。
リアビューでも、シルバーのアンダー・ガードが存在感を発揮。彫りの深いボディサイドのショルダーラインといい、兄貴分のX3よりアグレッシブな印象を与える。ルーフレールはオプション装備。全高は、タワーパーキングという日本的事情も考慮して決められたとか。
リアビューでも、シルバーのアンダー・ガードが存在感を発揮。彫りの深いボディサイドのショルダーラインといい、兄貴分のX3よりアグレッシブな印象を与える。ルーフレールはオプション装備。全高は、タワーパーキングという日本的事情も考慮して決められたとか。
BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗速報】の画像
関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
ホームへ戻る