「MINI」エコ化! エコカー減税対象に 

2010.05.13 自動車ニュース

「MINI」エコ化! エコカー減税対象に 

BMWジャパンは2010年5月11日、今年3月以降に生産された「MINI」の主要モデルが、日本のエコカー減税の対象車になると発表した。

これは、「MINI」シリーズのエンジンほかが手直しを受け、それぞれの燃費性能が向上したことによるもの。

エントリーグレード「MINI ONE」の1.4リッターエンジンは、上位モデル「MINIクーパー」と基本構造を同じくする1.6リッターエンジンに変更。燃費値は約19%改善した。
「MINIクーパー」のエンジンは、98psの「ONE」よりハイチューンな122psを発生するが、従来の1.6リッターユニットより内部の摩擦抵抗低減など図ったことにより、ハッチバックモデルで約19%、オープンモデル「コンバーチブル」で約10%、ロングボディの「クラブマン」で約14%の燃費向上を実現した。

もっともパワフルな「MINIクーパーS」の1.6リッター直噴ターボも、可変バルブタイミング機構が追加され、出力を9psアップさせつつ、約25〜33%の燃費向上を得た。

結果、MT車を中心に、過半数のモデルがエコカー減税の対象となり、自動車税と重量税が減免。エコカー補助金と合わせて、最大41万5800円(MINIクーパーSコンバーチブルのMT車)お安く購入できるようになる。

また、今回のエンジン変更に合わせ、MINIシリーズはJCWを除いた全モデルが制動エネルギーをバッテリーに蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を搭載。MTモデルにはアイドリングストップ機能も採用された。

価格は、ハッチバックモデルが217.0万円から310.0万円までで、オープンモデルの「コンバーチブル」が299.0万円から362.0万円まで。ロングボディの「クラブマン」が277.0万円から334.0万円までとなっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
MINI 3ドアMINIクラブマンMINIコンバーチブルMINIミニ クラブマン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表NEW 2017.9.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。
  • レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場 2017.9.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年9月8日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「ICE BLUE(アイスブルー)」を設定し、400台の台数限定で販売を開始した。過去に人気を博した「アイスブルー」のボディーカラーを復刻し、専用装備としている。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る