「MINI」エコ化! エコカー減税対象に 

2010.05.13 自動車ニュース

「MINI」エコ化! エコカー減税対象に 

BMWジャパンは2010年5月11日、今年3月以降に生産された「MINI」の主要モデルが、日本のエコカー減税の対象車になると発表した。

これは、「MINI」シリーズのエンジンほかが手直しを受け、それぞれの燃費性能が向上したことによるもの。

エントリーグレード「MINI ONE」の1.4リッターエンジンは、上位モデル「MINIクーパー」と基本構造を同じくする1.6リッターエンジンに変更。燃費値は約19%改善した。
「MINIクーパー」のエンジンは、98psの「ONE」よりハイチューンな122psを発生するが、従来の1.6リッターユニットより内部の摩擦抵抗低減など図ったことにより、ハッチバックモデルで約19%、オープンモデル「コンバーチブル」で約10%、ロングボディの「クラブマン」で約14%の燃費向上を実現した。

もっともパワフルな「MINIクーパーS」の1.6リッター直噴ターボも、可変バルブタイミング機構が追加され、出力を9psアップさせつつ、約25〜33%の燃費向上を得た。

結果、MT車を中心に、過半数のモデルがエコカー減税の対象となり、自動車税と重量税が減免。エコカー補助金と合わせて、最大41万5800円(MINIクーパーSコンバーチブルのMT車)お安く購入できるようになる。

また、今回のエンジン変更に合わせ、MINIシリーズはJCWを除いた全モデルが制動エネルギーをバッテリーに蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を搭載。MTモデルにはアイドリングストップ機能も採用された。

価格は、ハッチバックモデルが217.0万円から310.0万円までで、オープンモデルの「コンバーチブル」が299.0万円から362.0万円まで。ロングボディの「クラブマン」が277.0万円から334.0万円までとなっている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る