「アウディA1」欧州で受注開始! 186万円から

2010.05.12 自動車ニュース

「アウディA1」欧州で受注開始! 186万円から

独アウディは2010年5月10日、欧州市場で新型コンパクトカー「A1」の先行受注を開始した。

2007年の東京モーターショーでコンセプトモデル「メトロプロジェクト・クワトロ」がお披露目されてから2年半。その市販バージョン「アウディA1」の先行受注が始まった。

「A1」は、コンパクトボディとそのスポーティなデザインで注目を集めるニューモデル。エンジンのアイドリングストップ機構や制動エネルギーを回収し、燃費に生かすブレーキなど、環境性能もセリングポイントだ。

同社によれば、目下、いままでになく若者からの反響が大きいとのことで、発売日などの事前情報を求める“潜在的ユーザー”はすでに10万人超。マーケティングスタッフをして「先行受注の時点で、これほど注目を集めた新型車は見たことがない」とコメントするほどである。

そんな「A1」の生産は5月11日からベルギー・ブリュッセル工場で行われ、2010年は5万台がユーザーのもとに届けられる見込み。来年には8万台、最終的には年間10万台まで増産される計画だが、いまからバックオーダーを抱えるのは確実と見られる。

まず発売されるのは、1.4リッターガソリン直噴ターボの「1.4TFSI」と1.6リッターディーゼルターボを搭載する「1.6TDI」の2モデル。追って、もっとも環境性能を意識した1.2リッターガソリン直噴ターボ「1.2TFSI」が続く。
スタート価格は、1万5800ユーロ。邦貨にして約186万円となっている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る