第408回:ファン感涙!? これだけで買ってもいいじゃない!
 レガシィはなぜ安全日本一に輝けたのか?

2010.05.12 エッセイ

第408回:ファン感涙!? これだけで買ってもいいじゃない! レガシィはなぜ安全日本一に輝けたのか?

日本から離れたレガシィが日本一に

ここ数年「努力したことが報われない国」と言われて久しい日本だけど、久々、正しく報われたなぁという感じですよ。先日発表されたJNCAP(公的機関による衝突安全テスト)で『自動車アセスメントグランプリ'09/'10年』に輝いた車両、つまり“今年一番安全なクルマ”となった「スバル・レガシィ」のハナシ。

主催する独立行政法人のNASVA(自動車事故対策機構)は、年間5億円の運営資金を理由に、最近話題の間引き、じゃなかった事業仕分けの対象になってるけど、これに限っては「やってくれたな!」と、素直に評価したい。
だってさ、こうやって名指しでグランプリを決めるって、いいことじゃない? 衝突安全はクルマの性能の中で、特に重要な部分だし、これに影響されてクルマを買う人も多いはず。

特にレガシィは今回の5代目で、明らかにデカく、個人の好みもあるがスタイルが日本向けではなくなった。ある意味、国内におけるレガシィの2大存在意義、すなわち「ジャストサイズ」で「端正なデザイン」を失ったとも言えるわけで、それは非常につらい。
もちろん改変のの理由はどれも仕方がないものばかり。この時代、クルマを国内専用で作るのは難しく、グローバルに向け室内が大きくなったのは仕方ないことだ。なおかつ外寸の拡大を抑えようと、無駄なデザインの膨らみや、オーバーハングを抑えた結果、デザインがやや無骨になったのも仕方ない。
つまり、スバルという小さくも個性的なメーカーが生き延びるためにはどれも仕方のない決断だったわけだ。そんな折に獲得した「安全日本一」の称号! 素晴らしいではあ〜りませんか!!


旬は過ぎたが、宮崎県に来たそのまんま東知事的というか、田舎に突如生まれた名物のようというか、クルマ好きとしてはレガシィにこそこういう、地味だが価値ある栄冠を勝ち取って欲しかった。これぞ神のお導き! って感じなわけですよ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』