487psのセダン「C63 AMG パフォーマンスプラス」発売

2010.05.11 自動車ニュース

487psのセダン「C63 AMG パフォーマンスプラス」発売

メルセデス・ベンツ日本は、「C63 AMG」に特別仕様車「C63 AMG Performance+(パフォーマンスプラス)」を設定し、2010年5月11日に発売した。25台限定。

「メルセデス・ベンツC63 AMG パフォーマンスプラス」は、ハイパフォーマンスが売りの「C63 AMG」に、さらに磨きをかけた特別仕様車だ。

一番のポイントは、スーパースポーツ「SLS AMG」にも用いられた鍛造成形軽量ピストンやコンロッド、クランクシャフトなどスペシャルパーツを採用したエンジン。最高出力は30ps増しの487psへとアップし(最大トルク値は61.2kgmのまま)、最高速度の設定値も、250km/hから280km/hへと高められた。

足まわりには、標準の「C63 AMG」よりひとまわり大きな19インチのマルチスポーク鍛造アルミホイールが組み合わされる。専用カラー(赤)のAMG強化ブレーキシステム(フロント)で制動力を強化し、さらに、リミテッドスリップデフの採用で運動性能向上も図られた。

エクステリアは、荷室のふたに添えられる「カーボン製トランクリッドスポイラー」が特徴。いっぽうのインテリアは、スペシャルナッパレザーインテリアトリムや、アルカンタラを用いた「AMGパフォーマンスステアリング」が見どころだ。

価格は、ベースモデルより190.0万円高の1250.0万円。25台の限定販売で、納車時期は今秋が予定されている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
ホームへ戻る