【スペック】カイエンSハイブリッド:全長×全幅×全高=4846×1939×1705mm/ホイールベース=2895mm/車重=2240kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(333ps/5500-6500rpm、44.9kgm/3000-5250rpm)+モーター(47ps/1150rpm、30.6kgm/1150rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ・カイエン【海外試乗記】(後編)

“らしさ”増量(後編) 2010.05.11 試乗記 ポルシェ・カイエン
2代目「カイエン」に、新たにラインナップされたハイブリッドモデル。「S」を冠するその走りはポルシェの名に見合うものだったのか?

「ハイブリッド」でなく「Sハイブリッド」

(前編からの続き)
シリーズの基盤となる2種類のV8エンジン搭載車と、ベーシックグレードとして人気を博したV6エンジン搭載モデル、そして“時代の要請”を受けるカタチでモデルライフ後半にシリーズに加えられたディーゼルモデルという4本柱で構成された従来型に対し、2代目「カイエン」で新たにファミリーに加えられたのは、ハイブリッドモデル。興味深いのは、従来型ベースで開発されたプロトタイプとは異なり、電気モーターと組み合わされる3リッターの6気筒エンジンが過給器付きとなったこと。この点について担当のエンジニアは、「より“ポルシェのハイブリッド”にふさわしい動力性能を追い求めた結果」としている。ちなみに、過給器がターボではなくルーツ式スーパーチャージャーなのは、スペース的な理由によるものという。

プロトタイプでは「カイエンハイブリッド」と名付けられていたが、市販型では「カイエンSハイブリッド」を名乗る。おそらくだが、新型の6気筒ガソリンモデルに対しても0-100km/h加速で1.3秒、最高速で12km/hほど動力性能が上回るあたりが、その理由に違いない。ちなみに、最高333psを発生する3リッターのユニットは、今やグループ企業であるアウディのソリューション。これを最高47ps相当のモーターと組み合わせ、いわゆるシステム最高出力は8気筒4.8リッターエンジン搭載の「カイエンS」にあと20psと迫る、380psを公表。一方、59.1kgmのシステム最大トルクはカイエンSの51.0kgmを軽く上回る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カイエンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る