「プジョー308CC」新型6ATを搭載、燃費も向上

2010.05.10 自動車ニュース

「プジョー308CC」新開発の6ATを搭載、燃費も向上

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月7日、新型6ATを搭載するなどドライブトレインが一新された308シリーズのオープンモデル、新「308CC」の販売を開始した。

■出力アップし、燃費も向上

今回改良を受けたのは、2009年6月に日本に導入された、クーペカブリオレの「308CC」。この4人乗りオープンカーに搭載されるトランスミッションは、これまでの4段ATから、新開発の6段ATに切り替えられた。

PSAグループとアイシンAWの共同開発となる新型6段ATは、摩擦ロス低減や静粛性の向上が図られたほか、2速から6速のロックアップ領域が拡大されるなど、燃費や加速フィールの向上に寄与する改良が施された。

またエンジンも最高出力が140psから156psに向上し、排出ガス性能が欧州基準の「ユーロ4」対応から「ユーロ5」対応へと進化。これら新世代6段ATと改良型エンジンの組み合わせにより、燃費は従来モデル比で約17.2%向上したという。

さらに、「308CC プレミアム」については、価格据え置きでホイールが16インチから17インチに変更されるなど、初期モデルを購入したユーザーが悔しがるほど内容が充実。上級グレードの「308CC グリフ」は、5万円値上がりした。

価格は、「308CC プレミアム」が420.0万円、「308CC グリフ」は460.0万円。

(webCG 曽宮)

「プジョー308CC」
「プジョー308CC」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308CCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 2009.5.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT) ……420.0万円

    まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。
  • プジョー308CC 2009.5.15 画像・写真 2008年秋のパリサロンで、お披露目。2009年6月に日本で発売されるプジョーの4シーターオープンモデル「308CC」を、写真で紹介する。
  • 【デトロイトショー2017】レクサス、最上級セダンの新型LSを世界初公開NEW 2016.12.9 自動車ニュース レクサスがデトロイトショーで最上級セダンの新型「LS」を世界初公開すると発表した。5代目となる新型LSは、車体に「新GA-L」と呼ばれるプラットフォームを採用。ブランドの最上級車種にふさわしい先見的なテクノロジーを採用しているという。
  • 「レンジローバー/レンジローバー スポーツ」の2017年モデル受注開始NEW 2016.12.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年12月8日、「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2017年モデルを発表し、受注を開始した。ディーゼルモデルが追加されたほか、インフォテインメントシステムが標準装備となっている。
  • 「スマート・フォーフォー」の一部仕様・装備が変更NEW 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、「スマート・フォーフォー」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、コーナリングライト機能の追加と、一部グレードにセンターアームレストが装備された。
ホームへ戻る