第5戦スペインGP、レッドブルのウェバーが圧勝【F1 2010 速報】

2010.05.10 自動車ニュース

第5戦スペインGP、レッドブルのウェバーが圧勝【F1 2010 速報】

【F1 2010 速報】第5戦スペインGP、レッドブルのウェバーが圧勝

F1世界選手権第5戦スペインGP決勝が、2010年5月9日、スペインはバルセロナ近郊のサーキット・デ・カタルーニャ(4.655km)を66周して行われた。

ヨーロッパ・ラウンドに突入したF1“第2の開幕戦”で、レッドブル・ルノーがライバルを突き放し、今年3度目となるフロントロー独占に成功。レースではポールシッターのマーク・ウェバーが今季初、昨年第16戦ブラジルGP以来となる自身通算3勝目を圧勝というカタチで飾った。

残り2周まで2位を走行していたマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンがタイヤバーストでクラッシュ。棚ぼたで2位の座を得たのは、郷土の誇り、フェラーリのフェルナンド・アロンソだった。
3位には、予選と決勝スタートでウェバーにやられ、ピットストップでハミルトンに抜かれ、最後にはブレーキが限界寸前まで達していたセバスチャン・ベッテルが入った。

GP復帰後初めてチームメイトを負かしたメルセデスのミハエル・シューマッハーが4位、そのシューマッハーを抜きあぐねたマクラーレンのジェンソン・バトンは5位でフィニッシュした。
ぱっとしない週末となったフェラーリのフェリッペ・マッサ6位、スタートで大きくジャンプアップしたフォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティル7位、ルノーのロバート・クビサは4戦連続入賞を果たし8位、ウィリアムズ・コスワースのルーベンス・バリケロは17番グリッドから見事ポイント圏内の9位完走、そしてドライブスルーペナルティを受けながらハミルトンの脱落で入賞圏に滑り込んだトロロッソ・フェラーリのハイメ・アルグエルスアリが10位でフィニッシュした。

以下、11位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、12位小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)、13位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、14位ハミルトン(マクラーレン)、15位ビタントニオ・リウッツィ(フォースインディア)、16位ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)、17位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス・コスワース)、18位ティモ・グロック(バージン・コスワース)、19位ルーカス・ディ・グラッシ(バージン)らが完走した。

前戦中国で今季2勝目をあげたバトンが70点で引き続きチャンピオンシップをリード。開幕戦ウィナーのアロンソが67点で2位に浮上し、ベッテルが60点で3位、ウェバー53点で4位、ノーポイントで50点のままのロズベルクは2位から5位にドロップした。ハミルトンは今回2位18点が手からこぼれ落ち49点で6位となった。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、マクラーレンが119点で首位、その3点後ろに2位フェラーリがつけ、レッドブルは113点で3位につける。メルセデスは72点で4位と、3強体制が確立しつつある。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。