第141回:新案「ぶしつけ顔」でルックス至上主義カーデサインに渇!

2010.05.08 エッセイ

第141回:新案「ぶしつけ顔」でルックス至上主義カーデサインに渇!

「窓が開かないバス」の明暗

クルマの窓を開けると心地よい季節になったので、今回はウィンドウ、とくにサイドウィンドウのよもやま話をしよう。

ドイツの路線バスで感心するのは、線路上を走っているのかと思うほど時刻が正確なことと合わせて、空調がよく効いていることである。そのため、窓が開かないボディ構造でも、換気が悪くなって不快になることは少ない。
ダイムラー・ベンツ製をはじめ、多くのドイツ製路線バス・観光バスボディが早くも1960年代から閉め切り窓を採用してきたのは、そうした空調の性能に裏付けられたものだろう。

いっぽうイタリアの状況はちょっと違う。こちらでも、過去10年ちょっとで、窓が密閉型のバスが主流となった。デザインはピニンファリーナだったりイタルデザイン-ジウジアーロの作だったりする。
ただし問題は、購入後の整備状況が悪いらしく、冷房がまるで効かない車両が多いことだ。
上部に天地の狭い長方形窓を備えたモデルもあるが、大抵満身の力を込めても開かない。経年変化によるボディのゆがみや、ガイドレールに汚れが堆積して開かなくなるのだろう。東京の幼稚園時代の遠足で乗った平行四辺形窓の観光バスしかり、バスの窓というのはどうもいけない。

たしかに、窓を閉め切りにしたほうが空調効率は上がり、乗客の落下といった不意の事故は防げることはたしかだ。見た目もスタイリッシュになる。しかし、エアコンのメインテナンスが難しい国には、それなりに窓の開くバスをデザイナーはまじめに考えたほうがいい、と常々思っている。

ダイムラー・ベンツは早くから密閉式の大型ガラスを採用していた。これは1974-82年に生産された有名な「O303」。(写真=Daimler)
ダイムラー・ベンツは早くから密閉式の大型ガラスを採用していた。これは1974-82年に生産された有名な「O303」。(写真=Daimler)
イタリアのデ・シモンがボディを製作した郊外型路線バス。デザインはピニンファリーナ。
イタリアのデ・シモンがボディを製作した郊外型路線バス。デザインはピニンファリーナ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。