【スペック】全長×全幅×全高=4870×1850×1470mm/ホイールベース=2880mm/車重=1910kg/駆動方式=FR/3.6リッターV6DOHC24バルブ(311ps/6400rpm、38.1kgm/5200rpm)/価格=666万円(テスト車=691万2000円)

キャデラックCTSスポーツワゴン 3.6プレミアム(FR/6AT)【ブリーフテスト】

キャデラックCTSスポーツワゴン 3.6プレミアム(FR/6AT) 2010.05.07 試乗記 ……691万2000円
総合評価……★★★★

「キャデラックCTS」に加わった、ワゴンモデルに試乗。「スポーツワゴン」を名乗る、その走りと使い勝手をリポートする。
 
キャデラックCTSスポーツワゴン 3.6プレミアム(FR/6AT)【ブリーフテスト】

個性的なスタイリングが売り

アメリカでのステーションワゴンブームはとうの昔に終息を迎え、かつてそれを支持した人々の興味はSUVへとスイッチ−−そんな“定説”に基づいた認識をなまじ身に付けていただけに、「CTSにワゴンが登場」の報にはちょっと驚いた。
もっとも、思えば昨今のキャデラックブランドは以前とは異なって、米国内だけではなく、国外の市場も重要なターゲットとしていることが明らか。だからこそ、今このタイミングでワゴンを復活させたのだろう、と思いきや、どうやらその解釈も正しくないようだ。なぜならば、この「CTSスポーツワゴン」は「アメリカ国内こそを最大市場と見込んで開発されたモデル」と言うからだ。
そうはいっても、やはりステーションワゴンに対するアメリカの人々の興味は、基本的には今でもさほど強いとは言えないはず。それが証拠に、メルセデスはアメリカでは「Cクラス」や「Eクラス」のワゴンをリリースしていないし、スバルは、かの地での新型「レガシィ」を、セダンとアウトバックのみに限定している。そうした中でワゴンをリリースするにあたっては、当然強い独創性をベースとした魅力が要求されるはず。というわけで、”スポーツワゴン”をうたうこのモデルは、なるほど、その相当に個性的なスタイリングが、まずは売り物になっているのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSスポーツワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る