【スペック】全長×全幅×全高=3545×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/0.9リッター直2SOHC8バルブターボ(85ps/5500rpm、14.8kgm/1900rpm)/価格=235万円(テスト車=240万円/ボディーカラー・スペシャルソリッド<トロピカリアイエロー>=5万円)

フィアット500ツインエア スポーツプラス(FF/5MT)【試乗記】

スピードとは別次元の楽しさ 2012.10.03 試乗記 フィアット500ツインエア スポーツプラス(FF/5MT)
……240万円

250台の限定車「フィアット500ツインエア」の5段MTを箱根で試乗した。

5周年記念の限定車

お待ちかね「500ツインエアのマニュアル」が“スポーツプラス”である。本国だとMTモデルは当然デビューしたときからあったわけだが、2011年3月の国内導入以来、日本では2ペダルのセミオートマ(デュアロジック)しか選べなかった。

ただし、残念ながら250台の限定モデル。しかも、もう買えません。現行「チンクエチェント」生誕5周年記念日の7月4日に発売されるや、8月には早くも売り切れてしまったのである。ただのMTモデルではなく、カッコイイ16インチホイールや黒塗りルーフやリアスポイラー、専用のスポーツシートなどを標準装備した文字通りの“スポーツプラス”であることも人気に輪をかけた。

しかし、同時に限定400台で発売されたデュアロジック仕様の“スポーツ”は9月下旬時点で、まだ買えるらしい。装備面ではホイールが15インチにダウンするのが大きな違いだが、パッと見は変わらず、価格はスポーツプラスより5万円安い230万円。フィアット500を途端に男モノに変えるこのルックスとツインエア・ユニットが欲しいが、クラッチペダルは踏みたくない、という人のためのモデルだ。

フィアットは意外に商売上手である。完売したスポーツプラスを広報車両のリストから落としていないのも、遠からず限定のおかわりか、あるいはMTモデルのレギュラー化を計画しているためではないか、と筆者はみている。

ツインエアエンジンでは日本初導入となる5段マニュアルトランスミッション。
ツインエアエンジンでは日本初導入となる5段マニュアルトランスミッション。
シルバーとブラックが基調のインテリア。
シルバーとブラックが基調のインテリア。
スピードメーターは専用デザインの物が用意される。
スピードメーターは専用デザインの物が用意される。

フィアット500ツインエア スポーツプラス(FF/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る