新型「シトロエンC3」が日本上陸

2010.05.06 自動車ニュース

新型「シトロエンC3」が日本上陸

新型「シトロエンC3」が日本上陸

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月6日、シトロエンのコンパクトカー「C3」の新型を発表。同日、販売を開始した。

■日本市場に復活!

「C3」は、「フォルクスワーゲン・ポロ」や「プジョー207」などをライバルとする、Bセグメントのコンパクトカー。2002年にデビューした初代は、ヨーロッパではシトロエンのベストセラーカーになり、ラウンディッシュなフォルムはとりわけ女性ユーザーに好まれた。日本では一時輸入がストップしていたが、新型登場とともに復活することになった。

プラットフォームは旧型の改良型で、2465mmのホイールベースはほぼ同じ。3955×1730×1530mmのサイズは105mm長く、60mm幅広くなったものの、全長についてはこのクラスのヨーロッパ車では短いほうであり、日本でも取り回しに困らない大きさといえる。車重は1190〜1210kgとなる。

シトロエンスタイルセンターのデザインディレクターであるオレグ・ソン氏。
シトロエンスタイルセンターのデザインディレクターであるオレグ・ソン氏。 拡大
新型「シトロエンC3」が日本上陸の画像 拡大

■特徴的なフロントウィンドウ

初代C3の造形にも関わったシトロエンスタイルセンターのデザインディレクター、オレグ・ソン氏によると、スタイリングは「オリジナルフレーバーの維持」を重視したそうで、ノーズとルーフの丸みが印象的なフォルムは受け継ぎつつ、クロームデコレーションを用いて質感を高めている。前後に付くダブルシェブロンのエンブレムは、2009年に発表されたニューデザインになった。

そのうえでアイコニックなデザインキューを与えるために、ウインドスクリーンがBピラーまで伸びた「ゼニス(頂上)フロントウィンドウ」を採用した。かつてシトロエンはヘリコプターの研究開発を行っていたことがあり、その経験を生かしたものだという。ガラス長は1350mm、上下方向の視野角は108度に達し、同様に大きな窓を持つ「C4ピカソ」のように、内側には伸縮可能なサンバイザーを備え、上部250mmには熱や紫外線を和らげるスーパーティンテッド加工が施される。このウィンドウは本国ではオプション扱いだが、日本仕様には標準となる。

新型「シトロエンC3」が日本上陸

■インテリアはダイナミックでプレミアム

インテリアは、ソン氏の言葉を借りれば「(先代から)改善の余地あり」だったそうで、ダイナミックかつプレミアムな仕立てになった。「DS3」とほぼ共通のレイアウトを持つインパネは、フローティングタイプのメーターバイザーが特徴。グローブボックスや前席背もたれ形状を工夫した結果、足元の空間は前席で80mm、後席で30mm広がっている。シートの座り心地のよさもアピールポイントのひとつ。ラゲッジスペースは300リッターと、このクラスでは最大級になる。

■エンジンを一新

エンジンはヨーロッパではディーゼルも用意されるが、日本仕様は1.6リッター直列4気筒ガソリンのみとなり、これに4段ATが組み合わされる。このエンジンはPSAとBMWグループが共同開発した新世代ユニットで、旧型とは異なる。フロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームのサスペンションは、“シトロエンらしい”ドライブフィールを継承したという。

グレードはベーシックな「C3」と上級グレード「C3エクスクルーシブ」の2タイプで、価格は209.0万円と239.0万円。ベースモデルがマットシルバーのインパネにベージュとブラックが選べるファブリックシートを持つのに対し、エクスクルーシブはチタンシルバーのインパネとブラックのアルカンターラ/ファブリックシートで、エアコンはオートになり、ESPやバックソナーが標準装備になるなどの違いがある。ボディカラーは8色が用意される。

(文=森口将之)

関連キーワード:
C3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • コーヒー好きのあなたに 「シトロエンC3」の特別仕様車発売 2018.6.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年6月7日、「シトロエンC3」の特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」を発売した。同車は、“サードウエーブコーヒー”と呼ばれる、近年話題となっている新しいコーヒー文化をイメージした、日本独自企画の特別仕様車である。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
ホームへ戻る