新型「シトロエンC3」が日本上陸

2010.05.06 自動車ニュース

新型「シトロエンC3」が日本上陸

新型「シトロエンC3」が日本上陸

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月6日、シトロエンのコンパクトカー「C3」の新型を発表。同日、販売を開始した。

■日本市場に復活!

「C3」は、「フォルクスワーゲン・ポロ」や「プジョー207」などをライバルとする、Bセグメントのコンパクトカー。2002年にデビューした初代は、ヨーロッパではシトロエンのベストセラーカーになり、ラウンディッシュなフォルムはとりわけ女性ユーザーに好まれた。日本では一時輸入がストップしていたが、新型登場とともに復活することになった。

プラットフォームは旧型の改良型で、2465mmのホイールベースはほぼ同じ。3955×1730×1530mmのサイズは105mm長く、60mm幅広くなったものの、全長についてはこのクラスのヨーロッパ車では短いほうであり、日本でも取り回しに困らない大きさといえる。車重は1190〜1210kgとなる。

シトロエンスタイルセンターのデザインディレクターであるオレグ・ソン氏。
シトロエンスタイルセンターのデザインディレクターであるオレグ・ソン氏。
新型「シトロエンC3」が日本上陸の画像

■特徴的なフロントウィンドウ

初代C3の造形にも関わったシトロエンスタイルセンターのデザインディレクター、オレグ・ソン氏によると、スタイリングは「オリジナルフレーバーの維持」を重視したそうで、ノーズとルーフの丸みが印象的なフォルムは受け継ぎつつ、クロームデコレーションを用いて質感を高めている。前後に付くダブルシェブロンのエンブレムは、2009年に発表されたニューデザインになった。

そのうえでアイコニックなデザインキューを与えるために、ウインドスクリーンがBピラーまで伸びた「ゼニス(頂上)フロントウィンドウ」を採用した。かつてシトロエンはヘリコプターの研究開発を行っていたことがあり、その経験を生かしたものだという。ガラス長は1350mm、上下方向の視野角は108度に達し、同様に大きな窓を持つ「C4ピカソ」のように、内側には伸縮可能なサンバイザーを備え、上部250mmには熱や紫外線を和らげるスーパーティンテッド加工が施される。このウィンドウは本国ではオプション扱いだが、日本仕様には標準となる。

新型「シトロエンC3」が日本上陸

■インテリアはダイナミックでプレミアム

インテリアは、ソン氏の言葉を借りれば「(先代から)改善の余地あり」だったそうで、ダイナミックかつプレミアムな仕立てになった。「DS3」とほぼ共通のレイアウトを持つインパネは、フローティングタイプのメーターバイザーが特徴。グローブボックスや前席背もたれ形状を工夫した結果、足元の空間は前席で80mm、後席で30mm広がっている。シートの座り心地のよさもアピールポイントのひとつ。ラゲッジスペースは300リッターと、このクラスでは最大級になる。

■エンジンを一新

エンジンはヨーロッパではディーゼルも用意されるが、日本仕様は1.6リッター直列4気筒ガソリンのみとなり、これに4段ATが組み合わされる。このエンジンはPSAとBMWグループが共同開発した新世代ユニットで、旧型とは異なる。フロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームのサスペンションは、“シトロエンらしい”ドライブフィールを継承したという。

グレードはベーシックな「C3」と上級グレード「C3エクスクルーシブ」の2タイプで、価格は209.0万円と239.0万円。ベースモデルがマットシルバーのインパネにベージュとブラックが選べるファブリックシートを持つのに対し、エクスクルーシブはチタンシルバーのインパネとブラックのアルカンターラ/ファブリックシートで、エアコンはオートになり、ESPやバックソナーが標準装備になるなどの違いがある。ボディカラーは8色が用意される。

(文=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る