【スペック】全長×全幅×全高=5135×1900×1455mm/ホイールベース=3030mm/車重=1850kg/駆動方式=FR/5リッター V8DOHC32バルブ(385ps/6500rpm、52.5kgm/3500rpm)/価格=1320.0万円(テスト車=同じ)

ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】

豹変してもジャガー 2010.05.06 試乗記 ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)
……1320.0万円

見た目がガラリと変わった、ジャガーの新型「XJ」。その走りや乗り心地は、一体どんな仕上がりなのか? 巨匠 徳大寺有恒が試した。

見た目も画期的に

松本英雄(以下「松」):ジャガーの最高級サルーンである「XJ」ですが、新型は1968年に誕生した初代から先代までの流れを断ち切り、大胆なイメージチェンジを図りました。
徳大寺有恒(以下「徳」):そもそも初代「XJ」は、1961年に登場したマークX(テン)のイメージを受け継いでいた。そこから考えると、ほぼ半世紀ぶりの変貌となるわけだ。
松:ジャガーによれば、制約にとらわれず、白紙からラクシャリーサルーンを再定義したそうです。伝統を尊重する英国生まれの、保守的なユーザーが多いであろう高級ブランドとなれば、これは勇気のいることですよね。
徳:そうだな。好みの問題はさておき、この決断は評価に値すると思う。

松:先代「XJ」は、リベットと接着によるアルミモノコックボディという画期的な手法を導入したものの、見た目は伝統を守っていました。個人的には、これはちょっと残念な気がしていたので、新型は中身にふさわしい衣をようやくまとったようにも思います。
徳:考えてみると、先代はたった6年しか作られてないんだな。「XJ」の歴史では、異例の短さだろう。

松:そうですね。最近では高級サルーンにもエッジの利いた先進的なデザインのモデルが増えてきたので、新型はそれらに対抗する意味合いもあったのではないでしょうか。
徳:6ライト・ウィンドウが特徴的なスタイリングを手がけたのは「XF」と同じく、元アストン・マーティンのイアン・カラムだよな?
松:ええ。6ライトにしてウィンドウ・グラフィクスを後ろ寄りにすると、ノーズをより長く見せる効果があると彼は言ってました。
徳:なるほど。いっぷう変わったテールライトの形状を含めて、ちょっと「シトロエンC6」に通じる雰囲気もあるな。
松:たしかに。でも上から眺めたら、見事にジャガーの形をしてましたよ。リアクォーター付近は微妙な曲線で構成されてますが、アルミでこれを成形するのは高度な技術がある証拠です。先代からの経験が生かされてますね。徳:ほう、そうかい。

松:ところで、この新型に対する巨匠のご意見はどうなんでしょう? かつては初代「XJ」のV12モデルを3台も乗り継ぎ、いまも初代「XK」を所有するジャガーびいきとしては。
徳:僕がジャガーを好きなのは、スタイリングやたたずまいだけじゃない。むしろいちばん好きなのは、そのタッチなんだ。ステアリング、アクセル、ブレーキなど、運転していて直接手足が触れる部分に伝わってくる、女性的といってもいいなんとも繊細なタッチが。だから見た目だけじゃなくて、乗ってからジャガーらしいかどうか評価したいんだ。
松:わかりました。では乗ってみましょう。


ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】の画像
なだらかなルーフラインや涙型のサイドウィンドウが特徴のサイドビュー。「かつてないほどエアロダイナミックなジャガー」というそのボディは、空力性能も自慢だ(空気抵抗を示すCd値は0.29)。
なだらかなルーフラインや涙型のサイドウィンドウが特徴のサイドビュー。「かつてないほどエアロダイナミックなジャガー」というそのボディは、空力性能も自慢だ(空気抵抗を示すCd値は0.29)。
アルミホイールは、全10種類が用意される。
アルミホイールは、全10種類が用意される。
新型「XJ」には、写真のNAユニット(385ps)のほかに、スーパーチャージドユニットが2種類(470ps、510ps)、計3種類のV8ユニットが用意される。
新型「XJ」には、写真のNAユニット(385ps)のほかに、スーパーチャージドユニットが2種類(470ps、510ps)、計3種類のV8ユニットが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 特集 ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る