第140回:大矢アキオ、取材妨害に遭遇!? ドイツにあのセンチュリーが!

2010.05.01 エッセイ

第140回:大矢アキオ、取材妨害に遭遇!? ドイツにあのセンチュリーが!

異国に突然、憧れのクルマが

鳩山首相の最近の公用車は「レクサスLS」のようだが、もしボクが閣僚に指名されたら(ないってば)、「トヨタ・センチュリー」を手配してもらおうと決めている。
センチュリーへの憧れは、子供の頃に始まっていた。「富士の裾野と東名高速のもと〜」のナレーションで始まる、受託生産会社・関東自動車工業のテレビCMに出てくるセンチュリーにシビれたのが最初だった。

イタリアに移り住んでからは、東京に行くたび官庁街や丸の内、銀座の路上に駐車しているセンチュリーを見て、「これぞ日本を代表するクルマだ」とため息をもらすようになった。欧州車どころか、世界のどのクルマにも似ていない孤高のスタイル。速そうに見せることを意図していないデザインという観点では、「日産キューブ」をはるかに上まわる。

それはともかく、2010年4月初旬、ヒストリックカーショー「テヒノクラシカ(テクノクラシカ)2010」を見学すべく、ドイツ・エッセンを訪れた。
会場は東京ドームの2.5倍超。今年の出展車数は昨年を上回る1100台に及んだ。珍車多きスタンドをくまなく見るには最低2日は必要な規模。とくに最近は知り合いが増えてきたため、彼らとの車談義を挟みながら鑑賞するには3日あっても足りないくらいだ。そんな具合なので、今回ボクの見学最終日である2日目の夕方は、見きれないパビリオンがまだいくつも残っていたため、ある種のパニック状態に陥っていた。

そうしたなか、ボクに「ちょっといいですか?」と声をかける人がいた。おいおい信仰宗教の勧誘か? と思って振り返ると、そこには白髪ロングヘアーの紳士が立っていた。
「日本人ですか?」とボクに尋ねる彼。
ボクがそうだと答えると、ちょっと自分の日本車を見てほしいと言うではないか。日本車ファンか。ボクは少々おっくうに感じながらも、とりあえずついていった。ところがそこにたたずんでいたものを見て、思わず気絶しそうになった。彼のクルマはあのセンチュリー。1991年モデルだというのだ。

ゲルハルトさんと1991年センチュリー。
ゲルハルトさんと1991年センチュリー。
ヘッドライトにスモークの枠が付加されているのは、当地の保安基準に適合させるため。
ヘッドライトにスモークの枠が付加されているのは、当地の保安基準に適合させるため。
エアコン、オーディオ、サスペンション……日本語&略語のアラシ。
エアコン、オーディオ、サスペンション……日本語&略語のアラシ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。