【スペック】全長×全幅×全高=4080×1740×1395mm/ホイールベース=2435mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.5リッター 直4SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.8kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=249万8000円(テスト車=310万9500円)

ホンダCR-Z α(FF/6MT)【試乗記】

草食系「グリーンマシン」 2010.04.30 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/6MT)
……310万9500円


受注好調が伝えられる「CR-Z」。MTとCVT、買うならどっち? 売れ線「白のアルファ」に乗って、下野康史の出した答えは?
【テスト車のオプション装備】
車体色(プレミアムホワイトパール)=3万1500円/Honda HDDインターナビシステム(リアワイドカメラ付き)+ETC車載器=28万6000円/スカイルーフ=10万5000円/本革シート=10万5000円/前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム=8万4000円
ホンダCR-Z α(FF/6MT)【短評】

え、日本向けじゃなかった?

ニッポンのクルマ好き再興のために送り出されたホンダ渾身(こんしん)の作、かと思ったら、「CR-Z」は実は対欧戦略車である。現在、市場シェアで5%にも満たないヨーロッパでのプレゼンスを上げるために、若年層向きのコンパクトスポーツとしてつくられたのがこのクルマだ。

IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)と呼ばれるホンダのシンプルなハイブリッドは、複雑な動力分割機構をシステムの中心に置くトヨタ方式と違って、マニュアル変速機に対応しやすいのがメリットである。「クルマはマニュアル」が今もあたりまえのヨーロッパ向けに、当然、MT仕様がラインナップされた。というか、欧州仕様のCR-ZはMTモデルのみである。日本も、フタを開けてみると販売の4割がMTだという。ちなみに、MTもCVTも価格は同じだ。MTの「α(アルファ)」(249.8万円)に乗って、「『CR-Z』はMTかCVTか」というモンダイを考察してみた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Zの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る