「トヨタ・ノア/ヴォクシー」小変更 走りのカスタマイズモデルも

2010.04.28 自動車ニュース
トヨタ・ノア
「トヨタ・ノア/ヴォクシー」小変更 走りのカスタマイズモデルも

「トヨタ・ノア/ヴォクシー」小変更 走りのカスタマイズモデルも

トヨタ自動車は、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」にマイナーチェンジを施し、2010年4月27日に発売した。あわせて、スポーツコンバージョンモデル「G SPORTS」も設定、6月30日に発売する。

トヨタ・ヴォクシー
「トヨタ・ノア/ヴォクシー」小変更 走りのカスタマイズモデルも

■全車「バルブマチック」付きエンジンに

2007年6月にデビューした2代目「トヨタ・ノア/ヴォクシー」にマイナーチェンジが施された。

両車そろって、ヘッドランプ、フロントグリル、バンパー、リアランプ、ホイールなどのデザインが改められ、室内はセカンドシートのアレンジも変更、7人乗り仕様車にはマルチ回転キャプテンシートが、8人乗り仕様車には6:4分割チップアップシートが新たに採用された。さらに、一部グレードでシート表皮が変更され、フロントシートにシートヒーターが与えられるなどした。

最大の変更ポイントはエンジンで、デビュー時に用意された2種類の2リッター直4ユニットは、連続可変バルブリフト機構「バルブマチック」をもつ「3ZR FAE」ユニットに一本化。7段の「スポーツシーケンシャルシフトマチック」もあわせて全車に採用された。
さらに、エンジン、CVTの制御も見直され、燃費性能を向上。エコカー減税車として、自動車税と重量税が75%減免されるのもアピールポイントだ。

価格は、「ノア」「ヴォクシー」ともに205.0万円(5人乗り仕様車)から270.0万円(7人乗り仕様車)まで。

トヨタ・ヴォクシー“G's バージョンエッジ”
「トヨタ・ノア/ヴォクシー」小変更 走りのカスタマイズモデルも

■新たなスポーツコンバージョン車シリーズも

あわせて、専用の内外装パーツやスポーツサスペンションを組み込んだ「G SPORTS(通称:G's)」の「ノア/ヴォクシー」も設定された。

「G SPORTS」は、今年1月の東京オートサロンで発表された「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供することを目指したという“スポーツコンバージョン車シリーズ”。お約束のエアロパーツやスポーツマフラー、専用セッティングのスポーツサスペンションなどの特別装備はもちろん、フロントドアの開口部や床下の溶接ポイントを増やし、ボディ強度を上げるなど、こだわりのカスタマイズがウリである。

ライン生産のため、コストが抑えられたというのも強みで、価格は「ノア」「ヴォクシー」そろって261万5000円から315万円まで。ベースモデル(ノアSi/S、ヴォクシーZS/Z)に比べ、31万5000円高となっている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る