【スペック】ポルシェ911ターボ:全長×全幅×全高=4450×1850×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1600kg/駆動方式=4WD/3.8リッター水平対向6 DOHC24バルブ(500ps/6000rpm、66.3kgm/1950-5000rpm)/価格=2090万円(テスト車=2446万2000円)

ポルシェ911ターボ(4WD/7AT)【試乗記】

最良の911ターボ 2010.04.28 試乗記 ポルシェ911ターボ(4WD/7AT)
……2446万2000円

マイナーチェンジを経て500psの大台に乗った「ポルシェ911ターボ」。エンジンだけにとどまらないリファインの数々を、ワインディングロードで検証した。

一段高みへ

ポルシェが掲げる「最新モデルこそ最良モデル」という評価は、この「997型911」の場合にも当てはまる。現状に満足することなく、小規模であれ絶えず改良を続けていくことは技術者としての務めであるが、トップの座に甘んじることなく前進を続ける、そんなメーカーの姿勢は人気を維持している秘訣(ひけつ)でもある。そして実際に乗ってみれば、変更点として明記されていない部分もブラッシュアップされていることに気が付くのが常である。ポルシェの過去を振り返れば、「技術的な洗練こそが自動車の歴史的進化だ」ということの正当性が証明されることになる。

今度の「911ターボ」は、排気量を3.8リッターに拡大して、出力も480psから500psにアップしている。これまでの例では、ターボ過給の場合は、比較的少ない排気量に固執してきた。シリンダー個々のボアが小さくなればシリンダー壁は厚くなり、ストロークが小さければコンロッドは長くとれる。それが、信頼性を確保する常とう手段でもあったからだ。そのオキテを破ったことは、また一段階技術的な問題が解決された、ということになろう。
耐久性などに関する「本当のところ」は、実際に長期間試してみなければわからないが、過給圧のコントロールが巧みになったことは明らかだ。無造作にフルスロットルを与えても500psを瞬時に破壊力へと変えることなく、ジンワリと駆動力を増す、その加速感からもそのことはわかる。駆動力が4輪に分散される、4WDの駆動方式もそれを助ける。

大きなリアウィングが、ノーマル「911」との識別点。マイナーチェンジで、ステンレス製のサイレンサーエンドも大きくなった。
大きなリアウィングが、ノーマル「911」との識別点。マイナーチェンジで、ステンレス製のサイレンサーエンドも大きくなった。
排気量は200cc増え、3.8リッターに。出力は20ps増大し500psの大台に乗った。
排気量は200cc増え、3.8リッターに。出力は20ps増大し500psの大台に乗った。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る