トヨタ「カローラ」シリーズの燃費向上

2010.04.27 自動車ニュース

トヨタ「カローラ」シリーズの燃費向上

トヨタ自動車は2010年4月26日、「カローラアクシオ」に一部改良を実施。「カローラフィールダー」には一部改良とともに特別仕様車「S“202”」を設定し、発売した。

■1.8リッターエンジンにバルブマチック搭載

国内販売ランキングで、トップ10入りの常連となっている「カローラアクシオ/カローラフィールダー」に、燃費向上を狙った改良が施された。同モデルは、2009年10月にも同様の改良を受けているが、今回は、1.5リッター車の燃費がさらに改善され、前回改良を受けなかった1.8リッター車にも手が入れられた。

具体的な内容は、1.5リッター(FF・CVT)車は、エンジンとトランスミッションの制御変更。これにより燃費(10・15モード)は、20.0km/リッター(従来比+1.4km/リッター)を実現し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。

1.8リッター車は、エンジンに可変バルブ機構「バルブマチック」を搭載。2WD車は、燃費が18.6km/リッター(従来比でアクシオは+1.4km/リッター、フィールダーは+1.8km/リッター)に向上、「平成22年度燃費基準+15%」を達成した。4WD車は、15.6km/リッター(従来比で+1.2km/リッター)となり、「平成22年度燃費基準+20%」をクリアした。
このほか、1.8リッター全車にステアリングオーディオスイッチが追加され、操作性の向上が図られた。

これら改良により、カローラアクシオ/カローラフィールダーは、1.5リッターMT車と同4WD車をのぞく全車が“エコカー減税”に適合。取得税と重量税の減税率は、該当する1.5リッター車が75%、1.8リッター車は50%となった。

価格は、カローラアクシオが139万5000円から244万円。カローラフィールダーは159万5000円から227万7500円。

■「フィールダー」に特別仕様車

カローラフィールダーに設定された特別仕様車「S“202”」は、1.8リッターエンジン搭載の「S」をベースに、「エアロツアラー」の装備をはじめ、レイヤードブラックのボディカラーやピアノブラック塗装の装飾パネル、本革巻き3本スポークステアリングホイールとシフトノブ、ホワイトパイピング入りシンセティックレザー(合成皮革)シート、ホワイトの専用シートベルトなどを採用したもの。

価格は、FF車が220万5000円、4WD車は237万3000円。

(webCG 曽宮)

カローラアクシオ LUXEL αエディション
カローラアクシオ LUXEL αエディション
カローラフィールダー X Gエディション
カローラフィールダー X Gエディション
関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • 「カローラ フィールダー」に赤が特徴の特別仕様車 2016.5.11 自動車ニュース トヨタが「カローラ フィールダー」に特別仕様車「+Red」を設定し、販売を開始した。フロントグリルに施されたラインや、インテリアの各所にあしらわれたステッチなど、各所にアクセントカラーとして赤が用いられている。
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
ホームへ戻る