【スペック】トヨタ・パッソ1.3+Hana:全長×全幅×全高=3650×1665×1535mm/ホイールベース=2440mm/車重=940kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(95ps/6000rpm、12.3kgm/4000rpm)/価格=147万円(テスト車=186万9158円/ディスチャージヘッドランプ=4万7250円/VSC&TRC=6万3000円/SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ=5万5650円/HDDシンプルナビゲーションシステム&バックモニター=19万50円/ETC車載機=1万6958円/ナノイードライブシャワー=2万6250円)

トヨタ・パッソシリーズ【動画試乗記】

キレイにしてくれるクルマ 2010.04.27 試乗記 トヨタ・パッソ1.3+Hana(FF/CVT)
……186万9158円

2010年2月に登場した2代目「パッソ」は、女性スタッフが開発に携わり、女性目線で「欲しくなるクルマ」を追求したというコンパクトカーだ。狙いどおり、オンナ心を射止められるのか!? カーライフ・エッセイストの吉田由美が動画でリポート。

女性の気持ちを表現

【前編】女性がクルマに求めるものは?


(Report=吉田由美)

【後編】吉田由美の試乗リポート

(Report=吉田由美)

「普段、クルマに興味を持たないユーザーにも魅力に感じてもらえるクルマを目指しました」とは、トヨタ自動車 カローラ店販売本部の光安さんの弁。
「普段、クルマに興味を持たないユーザーにも魅力に感じてもらえるクルマを目指しました」とは、トヨタ自動車 カローラ店販売本部の光安さんの弁。
カーライフ・エッセイストの吉田由美いわく「ナノイードライブシャワー、私もほしい」。
カーライフ・エッセイストの吉田由美いわく「ナノイードライブシャワー、私もほしい」。
“乗れば乗るほどキレイになれる”の触れ込みに興味津々のリポーター。
“乗れば乗るほどキレイになれる”の触れ込みに興味津々のリポーター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パッソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る