第139回:寝ても、起きても「スマート! スマート!」――ファン合宿に乱入

2010.04.24 エッセイ

第139回:寝ても、起きても「スマート! スマート!」大矢アキオがファン合宿に乱入

今年で5回目の「スマート・デイ」

「なにィ〜、スマートで来なかったって? 帰れ! 帰れ!」
突然周囲から「帰れコール」が巻き起こった。

ここはイタリア・リヴィエラ海沿いの町フィナーレリグレ。スマート愛好会のウェブサイト「smart-forum.it」のミーティング「スマート・デイ」が、2010年4月17〜18日の2日間にわたって行われると聞きつけてやって来たのだ。
森進一の「冬のリヴィエラ」を歌いながら400km近く運転してきたボクに、いきなりそれはないでしょうが……。

で、その緊迫状態は、一瞬にして解けた。彼ら得意の「なんちゃって冗談」だったのである。
その証拠に、唯一のガイジンだということもあってか、イベントのスタートである初日の夜のピッツェリアで「アイコ――ボクの名前はアキオだというのに、みんな聞いちゃいない――こっちのテーブルに来いッ!」とボクは取り合いになった。ありがたいことである。

彼らについて、ざっと説明しておこう。「smart-forum.it」は、イタリア人によるスマートの一大ファンサイトである。日頃はミラノの貿易会社で働くサヴェリオ・マルチャーノ会長(41歳)によれば、サイト上の登録者数は9000人を突破している。
参考までに、イタリアの自動車市場で「スマート・フォーツー」は月に約3000台ペースで登録されていて、シティカークラスでは「フィアット・パンダ」、同「500」などと並んでトップ3の常連である。そうしたこともあって、イタリアは本国ドイツとともに世界屈指のスマート販売国でもある。

彼らのつながりはウェブ上にとどまらない。イタリア各地において、いわゆるオフ会を頻繁に催していて、主催者によれば月に1回はどこかで何かしらのイベントを行っているという。フィナーレリグレ大会はフォーラムを代表する看板大会で、今年で5回目を迎える。

イタリア・フィナーレリグレで行われた「スマート・デイ」に集結した参加車たち。
イタリア・フィナーレリグレで行われた「スマート・デイ」に集結した参加車たち。
ビーチサイドに設けられた参加受付ゲート。
ビーチサイドに設けられた参加受付ゲート。
受付は毎年仮装で盛り上げる。今年は「手術医」。手前一番左が地元オーガナイザーのピエールパオロさん、その隣の白衣は彼女のエレオノーラさん。
受付は毎年仮装で盛り上げる。今年は「手術医」。手前一番左が地元オーガナイザーのピエールパオロさん、その隣の白衣は彼女のエレオノーラさん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。