【Movie】ぶつからない「レガシィ」!? まもなく登場

2010.04.22 自動車ニュース

【Movie】ぶつからない「レガシィ」!? まもなく登場

富士重工業は2010年4月22日、先進運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」をバージョンアップさせ、5月中旬から新型「レガシィ」シリーズに採用すると発表した。

「アイサイト」は、2台のカメラだけを使って前方の他車や障害物をチェック、追突事故を予防するというスバル独自の安全システムだ。

2008年5月に登場し、先代「レガシィ」シリーズや「エクシーガ」に採用されたアイサイトだが、今回、そのプリクラッシュセーフティ機能が一段と強化された。
従来型の「アイサイト」は車速を落とし追突の衝撃を軽減させることはできても、追突そのものを回避することはできなかったのに対し、新型では、車両を完全停止させることも可能に。
これにより、追突被害はより軽減され、対象物と自車との速度差が30km/h以下であれば、ほぼ衝突を回避することができるようになったという。

また、もうひとつの機能「全車速追従機能付クルーズコントロール」についても、自動ブレーキの最大減速度を−0.25Gから−0.4Gに高めるなどし、先行車両の減速幅が比較的大きな都市部の交通で効力を発揮できるようになったとうたわれる。

同社は、これらの技術により交通事故の死傷者数を2〜3割削減できると考えており、2010年5月中旬にも、「レガシィ」シリーズに搭載する予定。従来20万円ほどだったシステムの価格も半分の10万円程度におさえられ、より広いモデルラインナップに普及させる見込みだ。

(webCG 関)


新型「アイサイト」の搭載が予定される、「レガシィツーリングワゴン」。
新型「アイサイト」の搭載が予定される、「レガシィツーリングワゴン」。
ルームミラーの左右に見えるのがシステムの要となるステレオカメラ。約35cm間隔の双眼を通して、対象物との距離を測る。ボルボ社は同様の安全装備にミリ波レーダーを併用するが、スバルの「アイサイト」はカメラのみ。
ルームミラーの左右に見えるのがシステムの要となるステレオカメラ。約35cm間隔の双眼を通して、対象物との距離を測る。ボルボ社は同様の安全装備にミリ波レーダーを併用するが、スバルの「アイサイト」はカメラのみ。
説明会では、「アイサイト」の歴史も紹介された。開発期間はトータルで10年超、5世代目のシステムとなる。
説明会では、「アイサイト」の歴史も紹介された。開発期間はトータルで10年超、5世代目のシステムとなる。
屋外で実施された、衝突(回避)テストの様子。
屋外で実施された、衝突(回避)テストの様子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る