【Movie】ぶつからない「レガシィ」!? まもなく登場

2010.04.22 自動車ニュース

【Movie】ぶつからない「レガシィ」!? まもなく登場

富士重工業は2010年4月22日、先進運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」をバージョンアップさせ、5月中旬から新型「レガシィ」シリーズに採用すると発表した。

「アイサイト」は、2台のカメラだけを使って前方の他車や障害物をチェック、追突事故を予防するというスバル独自の安全システムだ。

2008年5月に登場し、先代「レガシィ」シリーズや「エクシーガ」に採用されたアイサイトだが、今回、そのプリクラッシュセーフティ機能が一段と強化された。
従来型の「アイサイト」は車速を落とし追突の衝撃を軽減させることはできても、追突そのものを回避することはできなかったのに対し、新型では、車両を完全停止させることも可能に。
これにより、追突被害はより軽減され、対象物と自車との速度差が30km/h以下であれば、ほぼ衝突を回避することができるようになったという。

また、もうひとつの機能「全車速追従機能付クルーズコントロール」についても、自動ブレーキの最大減速度を−0.25Gから−0.4Gに高めるなどし、先行車両の減速幅が比較的大きな都市部の交通で効力を発揮できるようになったとうたわれる。

同社は、これらの技術により交通事故の死傷者数を2〜3割削減できると考えており、2010年5月中旬にも、「レガシィ」シリーズに搭載する予定。従来20万円ほどだったシステムの価格も半分の10万円程度におさえられ、より広いモデルラインナップに普及させる見込みだ。

(webCG 関)


新型「アイサイト」の搭載が予定される、「レガシィツーリングワゴン」。
新型「アイサイト」の搭載が予定される、「レガシィツーリングワゴン」。
ルームミラーの左右に見えるのがシステムの要となるステレオカメラ。約35cm間隔の双眼を通して、対象物との距離を測る。ボルボ社は同様の安全装備にミリ波レーダーを併用するが、スバルの「アイサイト」はカメラのみ。
ルームミラーの左右に見えるのがシステムの要となるステレオカメラ。約35cm間隔の双眼を通して、対象物との距離を測る。ボルボ社は同様の安全装備にミリ波レーダーを併用するが、スバルの「アイサイト」はカメラのみ。
説明会では、「アイサイト」の歴史も紹介された。開発期間はトータルで10年超、5世代目のシステムとなる。
説明会では、「アイサイト」の歴史も紹介された。開発期間はトータルで10年超、5世代目のシステムとなる。
屋外で実施された、衝突(回避)テストの様子。
屋外で実施された、衝突(回避)テストの様子。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る