光岡、電気自動車「ライク」を発表

2010.04.22 自動車ニュース
ミツオカ・雷駆(ライク)
電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

光岡、電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

光岡自動車は2010年4月22日、新型電気自動車「雷駆(ライク)」を発表した。

フロントの飾りとリアバンパーの膨らみが特徴的。
電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

■電気のもとは雷?

今回デビューした「雷駆」は、三菱の電気自動車「i-MiEV」がベース。フロントマスクに大きな逆台形の意匠を与え、前後バンパーにはメッキ加工を施すなど、高級感が演出されている。エクステリアの変更に伴い、全長はi-MiEVより175mm伸びて3570mmに。軽自動車枠(3400mm)を超えて「小型乗用登録」となった。乗車定員は4人から5人に変更。インテリアでは、5人乗りに対応するため後席の横幅が拡大され、中央に2点式シートベルトが追加された。
パワートレインは基本的に変更なく、重量増は20kgに抑えられた結果、動力性能は「i-MiEVと同等」とのこと。10・15モード充電走行距離も160kmと変わらない。雷駆という車名は、自然界の強力な電気「雷」と、そのエネルギーで「駆動」することを掛けて命名された。

ボディ色は、ホワイトソリッド、クールシルバーメタリック、ブラックマイカ、ミスティクバイオレットパール、ラズベリーレッドパールの計5色を用意。
電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

■メンテナンスは三菱のお店で

気になる価格は、i-MiEVより30万円高の428万円。「兼松」「ユアサM&B」を通じて法人向けに販売するほか、光岡の販売拠点が個人ユーザーの需要に応える。販売方式は、i-MiEVと同様にリース販売が基本。納車とアフターサービスは三菱自動車の各ディーラーが担当する。

同車はクリーンエネルギー自動車等導入補助金の対象車となり、2010年度は114万円が交付される見通し。エコカー減税(取得税、重量税100%)にも対応している。予約受付は5月下旬頃よりスタート、デリバリーは8月以降の予定。今年度の目標販売台数は、400台。

(文=滝本智志)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

雷駆の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ雷駆-T3 2011.7.7 画像・写真 ミツオカが手がける三輪の商用電気自動車「雷駆-T3」の姿を写真で紹介する。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールドNEW 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る