光岡、電気自動車「ライク」を発表

2010.04.22 自動車ニュース
ミツオカ・雷駆(ライク)
電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

光岡、電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

光岡自動車は2010年4月22日、新型電気自動車「雷駆(ライク)」を発表した。

フロントの飾りとリアバンパーの膨らみが特徴的。
電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

■電気のもとは雷?

今回デビューした「雷駆」は、三菱の電気自動車「i-MiEV」がベース。フロントマスクに大きな逆台形の意匠を与え、前後バンパーにはメッキ加工を施すなど、高級感が演出されている。エクステリアの変更に伴い、全長はi-MiEVより175mm伸びて3570mmに。軽自動車枠(3400mm)を超えて「小型乗用登録」となった。乗車定員は4人から5人に変更。インテリアでは、5人乗りに対応するため後席の横幅が拡大され、中央に2点式シートベルトが追加された。
パワートレインは基本的に変更なく、重量増は20kgに抑えられた結果、動力性能は「i-MiEVと同等」とのこと。10・15モード充電走行距離も160kmと変わらない。雷駆という車名は、自然界の強力な電気「雷」と、そのエネルギーで「駆動」することを掛けて命名された。

ボディ色は、ホワイトソリッド、クールシルバーメタリック、ブラックマイカ、ミスティクバイオレットパール、ラズベリーレッドパールの計5色を用意。
電気自動車「雷駆(ライク)」を発表

■メンテナンスは三菱のお店で

気になる価格は、i-MiEVより30万円高の428万円。「兼松」「ユアサM&B」を通じて法人向けに販売するほか、光岡の販売拠点が個人ユーザーの需要に応える。販売方式は、i-MiEVと同様にリース販売が基本。納車とアフターサービスは三菱自動車の各ディーラーが担当する。

同車はクリーンエネルギー自動車等導入補助金の対象車となり、2010年度は114万円が交付される見通し。エコカー減税(取得税、重量税100%)にも対応している。予約受付は5月下旬頃よりスタート、デリバリーは8月以降の予定。今年度の目標販売台数は、400台。

(文=滝本智志)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三輪の新型EV「ミツオカ雷駆-T3」登場 2011.7.7 自動車ニュース 光岡自動車とユアサM&Bは、両社で共同開発中の商用電気自動車「雷駆-T3(ライク・ティー・スリー)」の試作車を2011年7月7日に発表。翌7月8日から、実走実験を目的としたモニター募集を開始する。
  • KTM125デューク/250デューク/390デューク/1290スーパーデュークGT【試乗記】 2017.6.10 試乗記 普通二輪免許で乗れるKTMのネイキッドバイクが、3車種同時にフルモデルチェンジ。「野獣の卵」「ザ・コーナーロケット」など過激なニックネームを持つ新型の実力を、サーキットで確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • EV「ミツオカ・ライク」に新グレードが登場 2011.8.25 自動車ニュース 光岡自動車は、電気自動車「雷駆(ライク)」の仕様を変更するとともに、グレード体系を改め、2011年8月26日に発売する。
ホームへ戻る