第109回:サーキットでエコランにチャレンジ!

2010.04.21 エッセイ

第109回:サーキットでエコランにチャレンジ!

富士スピードウェイで、ハイブリッドカーだけのエコランレース「ハイブリッドチャレンジ」が開催。『webCG』ワタナベもプリウスで参戦しました!

サーキットでエコ?

2010年3月28日、富士スピードウェイでモータースポーツファン感謝イベント「富士スピードウェイ モータースポーツ ドリーム2010」が開催された。そのイベントプログラムのひとつとして企画されたのが、今回参加した「ハイブリッドチャレンジ」。

「ハイブリッドチャレンジ」を主催するのは、トヨタ自動車が、“クルマの楽しさ”を広げる取り組みとして活動している「GAZOO Racing」プロジェクト。「環境を意識した走りをすることで、今までと違った新しいクルマの楽しみ方や付き合い方を実感してほしい」という思いが込められている。

このレース、もとはといえば、トヨタの販売店だけが参加できる、「プリウスカップ」というエコラン競技がベース。名前のとおり、プリウスでサーキットを決められたタイムで周回し、その燃費を競うという内容で、実は今回のハイブリッドチャレンジは、そのエコラン競技を一般ドライバー向けにアレンジした本邦初の試みなのだ。

第109回:サーキットでエコランにチャレンジ!の画像
富士スピードウェイのパドックに集まった、ハイブリッドカーの数々。やがて、静かで熱〜い戦いが……。
富士スピードウェイのパドックに集まった、ハイブリッドカーの数々。やがて、静かで熱〜い戦いが……。
『webCG』の「プリウス」は、上級グレードの「G“ツーリングセレクション”」。2009年7月2日に納車され、現在の走行距離は約1万5000km。西に東に大活躍。
『webCG』の「プリウス」は、上級グレードの「G“ツーリングセレクション”」。2009年7月2日に納車され、現在の走行距離は約1万5000km。西に東に大活躍。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ