第406回:これぞ“自動車賞グローバリゼーション”!!
 WCOTY、なぜ「プリウス」は取れなかったのか?

2010.04.21 エッセイ

第406回:これぞ“自動車賞グローバリゼーション”!! WCOTY、なぜ「プリウス」は取れなかったのか?

今までは注目されなかったが……

突然ですがみなさんワールド・カー・オブ・ザ・イヤー、通称“WCOTY”って知ってますか? ぶっちゃけた話、日本カー・オブ・ザ・イヤー、欧州カー・オブ・ザ・イヤー、北米カー・オブ・ザ・イヤーと、主に市場ごとにやってる“今年一番のクルマ”決めをワールドワイドでやろうってシンプルな目的で、わりと最近の2005年から始まったイベント。カッコよく言えば、自動車賞のワールドカップなのだ(笑)。(詳しくはhttp://www.wcoty.com/2010/

当初アジア地域とりまとめ役だったピーター・ライオンさんの推薦で、なぜか(?)私も3〜4年前から選考委員といいますか、“juror”をやらせてもらってるわけだけど、マジな話、その魅力はオフィシャルにうたっているとおり“世界でもっともリベラルな自動車賞”であることだと思う。だって、ホントにどこのメーカーからも注目されてないんだもん(苦笑)。

俺が今年もやらせてもらう日本カー・オブ・ザ・イヤーは、メーカーからいろいろな試乗会に招いてもらったり、投票前に電話でアピールされたり、いわゆる選挙運動的なものに巻き込まれるわけだけど、WCOTYに限っては、そういうのが一切ない。ある意味、拍子抜けだけど、それはそれでスッキリする。

考えられる理由はいくつかある。第一に生まれたばかりで知名度がないことと、次に“世界”が相手ゆえに対象が広すぎて逆に難しかったこと。さらにピーターさんをはじめ、事務局は基本、フリーの自動車ジャーナリストの集団なので、ホントに報道の一環としてやっていて、権威付けがヘタな部分があったんだと思う。

ただし、今年2010年は目に見えて違う部分があった。それは、まずいろんな日本の自動車メディアに、ニュースとして結果や途中経過が載ったこと。今回で5年目で、ようやく認知されてきたのと、ビッグスポンサーが付いたのが大きいのだろう。しかもそれはかなり理想的なスポンサーで、世界41カ国に生産設備を持つ世界最大級の化学会社BASFと、わが日本のブリヂストンだ!! 
ドイツのプライムリサーチという調査会社によれば、現在WCOTYは北米COTYに続き、世界での注目度が2番目の自動車賞だそうで、その重要度は増しているのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』