【スペック】全長×全幅×全高=4255×1820×1420mm/ホイールベース=2575mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(256ps/6000rpm、33.7kgm/2400-5200rpm)/価格=515万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・シロッコR(FF/6AT)【試乗記】

トガらない「R」 2010.04.21 試乗記 フォルクスワーゲン・シロッコR(FF/6AT)
……515万円

フォルクスワーゲンのクーペ「シロッコ」にもっともパワフルな“R”モデルが登場。はたして、名は体を表すか!? その実力を試した。

ドイツのランエボ

「シロッコ」の成り立ちは、簡単に言えば「ゴルフのクーペ版」であるが、このスタイリングを見ていると全く別のクルマに思えてくる。低く、幅広く、平べったいフォルムは、深海魚的な妖怪を思わせる。スリーサイズを見ると、全長×全幅×全高=4255×1820×1420mmと結構大きなクルマで、室内もまた幅広いが、高い。リアシートの空間はサイドウィンドウが細いこともあってのぞき窓的に暗く、さほど広そうにも見えないが、シートを折り畳めば広大なラゲッジスペースが出現する。だから実用性もあると言えそうだ。
対する前席は、見た目どおり広々としている。ヒップポイントを低くセットすれば、まさにスポーツカーの目線になる。そして2ドアゆえに長く大きなドアは、開口後部がシートバック近くにあるおかげで、この手の2ドア車にしては長さを感じない。その分リアシートへのアクセスはあまりよくないが、“2人のためのクーペ”である。むしろ歓迎できる。

今回試乗したシロッコは、その名に「R」の文字が付く。「レーシング」を意味するというカタログの説明どおり、ドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースで2年連続クラス優勝を飾った、記念碑的なモデルでもある。ノーマル「シロッコ」の1.4リッターエンジンでも十分に速いところへ、「R」は2リッターのTSI直噴ターボエンジン、すなわち256psと33.7kgmを発生する強心臓を搭載する。いわば日本の「ランエボ」や「インプレッサ WRX STI」のようなハイスペックを誇る。

そんな「シロッコR」のギアボックスは、ご存知、6段のDSG。2ペダル式だからAT免許でも乗れる。シフトレバーはDから横へ倒せば前後に+−できるお馴染みのものだが、その際レバーは左へ倒すわけで、ハンドルからは遠ざかってしまう。ステアリングホイールのスポーク部にシフトパドルもあるが、一緒に回るタイプなので、直進している時にはいいけれど、コーナーではその位置を手探りすることもある。


フォルクスワーゲン・シロッコR(FF/6AT)【試乗記】の画像
「シロッコR」の心臓は、「ゴルフ」シリーズの頂点モデル「ゴルフR」と共通のもの。2リッターの直噴ガソリンターボユニットである。
「シロッコR」の心臓は、「ゴルフ」シリーズの頂点モデル「ゴルフR」と共通のもの。2リッターの直噴ガソリンターボユニットである。

フォルクスワーゲン・シロッコR(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シロッコの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る