のっぽなスバルの新型軽「ルクラ」発売

2010.04.20 自動車ニュース
「スバル・ルクラ」
のっぽなスバルの新型軽「ルクラ」発売

のっぽなスバルの新型軽「ルクラ」発売

富士重工業は2010年4月20日、新型の軽乗用車「ルクラ/ルクラカスタム」を発売した。

こちらは「ルクラカスタム」。専用の外装パーツや黒系の配色でまとめられたインテリアが特徴。
のっぽなスバルの新型軽「ルクラ」発売

スバルから、新型の軽乗用車「ルクラ」「ルクラカスタム」がデビュー。1730mmの高さを備え、「快適・広々空間のスタイリッシュ・スモール」をコンセプトに掲げる、ハイトワゴンである。
ただし、その中身は「タント エグゼ」「タント エグゼカスタム」と共通のもの。2008年4月に発表された、トヨタ自動車、ダイハツ工業との“包括的協力関係”に基づいて後者から供給される、OEMモデルである。

内外装に関しては、スバルのバッジが付くこと以外に「タント エグゼ」シリーズと違いはないが、チルトステアリングやシートリフターといった、あちらでは上級グレードにしか付かない装備が全車標準となるのが強みだ。

58psのNAエンジンを搭載する「ルクラ」は、装備や駆動方式の違いにより114万5750円から133万1000円までのラインナップ。フォグランプ付きのフロントバンパーやルーフスポイラー、アルミホイールなどで飾られる「ルクラカスタム」には、NAモデルのほかに64psのターボモデルも用意され、136万5750円から169万1000円までのプライスタグを付ける。

(webCG 関)

関連キーワード:
ルクラスバルダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
ホームへ戻る