【スペック】全長×全幅×全高=4295×1770×1615mm/ホイールベース=2670mm/車重=1430kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC16バルブ(139ps/6000rpm、17.5kgm/4200rpm)/価格=244万9650円(テスト車=314万7900万円/パノラマガラスルーフ+ルーフレール=10万5000円/7インチワイドディスプレイHDDナビ+ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム=46万7250円/SRSサイド&カーテンエアバッグ=8万4000円/ビルトインETCユニット=2万1000円/寒冷地仕様=2万1000円)

三菱RVR G(4WD/CVT)【試乗記】

ジャーマンテイスト! 2010.04.20 試乗記 三菱RVR G(4WD/CVT)
……314万7900万円

値段もサイズも「アウトランダー」よりひとまわりコンパクトで、新しい。それが三菱「RVR」だ。最上級グレード「G」の4WDモデルに試乗した。

全車エコカー減税適合

昔の名前で出てきたのが、三菱の「RVR」である。2002年までつくられた先代RVRは、2列シート4人乗りのマルチワゴンだった。リアドアはスライド式だが、後席はふたり掛け。でも、リアシートにはロングスライドレールが付いていた。コンパクトRVながら、広い後席で大人ふたりをゆったりくつろがせるという、91年のデビュー当時としてはなかなかユニークなコンセプトだった。車名のロゴも変わっていて、RVRの最初の“R”が左右逆だった。つまり、左右対称ロゴ。記事にするとき、それにしたがってRをひっくり返すべきか否か、発売当初、自動車雑誌ギョーカイ人を悩ませてくれた、なんて記憶もなつかしい。

復活したRVRのコンセプトは「ジャストサイズのコンパクトSUV」。アウトランダーのプラットフォーム(車台)を使いながら、全長はアウトランダーより35cm短い。その5ドアボディに「ギャラン・フォルティス」と同じ1.8リッターエンジンを搭載する。RVRの開発スタッフによれば、いま、とくに国産車はエコカー減税にひっかかっていないと見向きもされないという。試乗した「G」の4WDは最上級モデルだが、これを含めてシリーズ全グレードが50%減税をゲットしている。

オーディオは全モデル未装着が標準で、機能が異なるHDDナビ&AVシステム(33万6000円〜46万7250円)などがオプション設定される。
オーディオは全モデル未装着が標準で、機能が異なるHDDナビ&AVシステム(33万6000円〜46万7250円)などがオプション設定される。
「G」の4WDの場合、エコカー減税額は7万5000円、エコカー補助金は経年車(13年以上)の廃車を伴う場合が25万円、伴わない場合は10万円となる。よって合計額は、経年車ありの場合は32万5000円、なしの場合17万5000円となる。
「G」の4WDの場合、エコカー減税額は7万5000円、エコカー補助金は経年車(13年以上)の廃車を伴う場合が25万円、伴わない場合は10万円となる。よって合計額は、経年車ありの場合は32万5000円、なしの場合17万5000円となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RVRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る