【スペック】全長×全幅×全高=4295×1770×1615mm/ホイールベース=2670mm/車重=1430kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC16バルブ(139ps/6000rpm、17.5kgm/4200rpm)/価格=244万9650円(テスト車=314万7900万円/パノラマガラスルーフ+ルーフレール=10万5000円/7インチワイドディスプレイHDDナビ+ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム=46万7250円/SRSサイド&カーテンエアバッグ=8万4000円/ビルトインETCユニット=2万1000円/寒冷地仕様=2万1000円)

三菱RVR G(4WD/CVT)【試乗記】

ジャーマンテイスト! 2010.04.20 試乗記 三菱RVR G(4WD/CVT)
……314万7900万円

値段もサイズも「アウトランダー」よりひとまわりコンパクトで、新しい。それが三菱「RVR」だ。最上級グレード「G」の4WDモデルに試乗した。

全車エコカー減税適合

昔の名前で出てきたのが、三菱の「RVR」である。2002年までつくられた先代RVRは、2列シート4人乗りのマルチワゴンだった。リアドアはスライド式だが、後席はふたり掛け。でも、リアシートにはロングスライドレールが付いていた。コンパクトRVながら、広い後席で大人ふたりをゆったりくつろがせるという、91年のデビュー当時としてはなかなかユニークなコンセプトだった。車名のロゴも変わっていて、RVRの最初の“R”が左右逆だった。つまり、左右対称ロゴ。記事にするとき、それにしたがってRをひっくり返すべきか否か、発売当初、自動車雑誌ギョーカイ人を悩ませてくれた、なんて記憶もなつかしい。

復活したRVRのコンセプトは「ジャストサイズのコンパクトSUV」。アウトランダーのプラットフォーム(車台)を使いながら、全長はアウトランダーより35cm短い。その5ドアボディに「ギャラン・フォルティス」と同じ1.8リッターエンジンを搭載する。RVRの開発スタッフによれば、いま、とくに国産車はエコカー減税にひっかかっていないと見向きもされないという。試乗した「G」の4WDは最上級モデルだが、これを含めてシリーズ全グレードが50%減税をゲットしている。

オーディオは全モデル未装着が標準で、機能が異なるHDDナビ&AVシステム(33万6000円〜46万7250円)などがオプション設定される。
オーディオは全モデル未装着が標準で、機能が異なるHDDナビ&AVシステム(33万6000円〜46万7250円)などがオプション設定される。
「G」の4WDの場合、エコカー減税額は7万5000円、エコカー補助金は経年車(13年以上)の廃車を伴う場合が25万円、伴わない場合は10万円となる。よって合計額は、経年車ありの場合は32万5000円、なしの場合17万5000円となる。
「G」の4WDの場合、エコカー減税額は7万5000円、エコカー補助金は経年車(13年以上)の廃車を伴う場合が25万円、伴わない場合は10万円となる。よって合計額は、経年車ありの場合は32万5000円、なしの場合17万5000円となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RVRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱、「パジェロ」を一部改良 2016.10.27 自動車ニュース 三菱自動車は2016年10月27日、「パジェロ」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良は、内外装とナビゲーションシステムの変更が中心となる。
  • 三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開 2015.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。今秋タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、ロシアなどに順次拡大してく予定。
  • 三菱パジェロショート VR-I(4WD/4AT)【試乗記】 2007.6.6 試乗記 三菱パジェロショート VR-I(4WD/4AT)
    ……278万2710円

    本格オフローダー路線を突き進む「三菱パジェロ」。ダートコースで、その実力を探った。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る